日本初の「ブリジェラ」に行列ができる秘密

3代目社長が挑む新感覚のジェラート屋

近所のブルーボトルコーヒーの持ち込みもOK(ブリジェラのフェイスブックページより)

ブルーボトルコーヒーの上陸(2015年3月)で沸く清澄白河界隈に、また新たなスポットが誕生した。スイーツの一種であるジェラートを食事のように食べる、という新しいスタイルの新店舗「ブリジェラ」がオープンしたのはゴールデンウイーク中の5月3日。事前情報が出回っており、オープン時には50メートルほどの行列ができた。

ブリジェラの店名は、同店で提供するスイーツ「ブリオッシュ・コン・ジェラート」を略したもの。ジェラートをブリオッシュというパンの一種に挟んで食べるという、イタリアのシチリア島ではメジャーな食べ方を、日本で初めて紹介する。できたてのジェラートを、熱々のブリオッシュに挟んで食べるというから、いかにもおいしそうだ。

目指すはスイーツのファストフード

パンに挟まったジェラート。このようになっている(フェイスブックページより)

「ライバルと言ってはおこがましいのですが、目指すのは、マクドナルドやミスタードーナッツのようなファストフード店です」と宣言するのは、同店を経営する株式会社エッジの田中新一郎代表取締役だ。

といっても、肩を並べたいのは手軽に食べられるという意味での「ファースト」の部分だけだそうだ。田中社長がブリジェラで目指したのは、「働く女性に、ヘルシーな食事ができる場を作ること」だったという。

「牛丼や定食のチェーン、中華料理屋など、男性が食べるところは多いのに、女性に向けたお店は少ない。結果として、コンビニで済ませている女性が多々見られます。ヘルシーで手軽に食べられるような、女性のための店舗をつくりたいと思ったのがきっかけです」(田中さん)。

次ページ食すスイーツとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。