日本初の「ブリジェラ」に行列ができる秘密

3代目社長が挑む新感覚のジェラート屋

近所のブルーボトルコーヒーの持ち込みもOK(ブリジェラのフェイスブックページより)

ブルーボトルコーヒーの上陸(2015年3月)で沸く清澄白河界隈に、また新たなスポットが誕生した。スイーツの一種であるジェラートを食事のように食べる、という新しいスタイルの新店舗「ブリジェラ」がオープンしたのはゴールデンウイーク中の5月3日。事前情報が出回っており、オープン時には50メートルほどの行列ができた。

ブリジェラの店名は、同店で提供するスイーツ「ブリオッシュ・コン・ジェラート」を略したもの。ジェラートをブリオッシュというパンの一種に挟んで食べるという、イタリアのシチリア島ではメジャーな食べ方を、日本で初めて紹介する。できたてのジェラートを、熱々のブリオッシュに挟んで食べるというから、いかにもおいしそうだ。

目指すはスイーツのファストフード

パンに挟まったジェラート。このようになっている(フェイスブックページより)

「ライバルと言ってはおこがましいのですが、目指すのは、マクドナルドやミスタードーナッツのようなファストフード店です」と宣言するのは、同店を経営する株式会社エッジの田中新一郎代表取締役だ。

といっても、肩を並べたいのは手軽に食べられるという意味での「ファースト」の部分だけだそうだ。田中社長がブリジェラで目指したのは、「働く女性に、ヘルシーな食事ができる場を作ること」だったという。

「牛丼や定食のチェーン、中華料理屋など、男性が食べるところは多いのに、女性に向けたお店は少ない。結果として、コンビニで済ませている女性が多々見られます。ヘルシーで手軽に食べられるような、女性のための店舗をつくりたいと思ったのがきっかけです」(田中さん)。

次ページ食すスイーツとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。