"夜のお菓子"が東京にカフェを作ったワケ

表参道に期間限定のリアル店舗が出現

3月26日に期間限定で表参道にオープンした、「UNAGI PIE CAFE TOKYO」

静岡県浜松土産として有名な「夜のお菓子」、うなぎパイ。3月26日~5月6日の間、表参道に期間限定ショップ「UNAGI PIE CAFE TOKYO」がオープンしている。

本来、浜松市内でしか入手できない商品が販売されるほか、うなぎパイを使ったスイーツや料理といったカフェ限定メニューを楽しむことができる。

マスコミによる告知や、SNSでの口コミが盛り上がったこともあり、オープン初日には11時の開店に先立って行列ができ、来店者1000名を記録したという。

巨大モニュメントはうなぎパイ1万7285個分!

まず驚くのが、巨大なうなぎパイのモニュメント。オシャレな若者の街にあって、「偉容」と表現すべき迫力を醸し出している。

うなぎパイの本家本元、春華堂の広報担当飯島美奈さんによると、「うなぎパイが故郷の浜松市から東京まで飛んで来た、というシチュエーションをイメージしたんですよ」とのこと。

今回の期間限定ショップは、自社の産業観光施設である「うなぎパイファクトリー」のオープン10周年を記念して展開しているものだ。これを機会に、うなぎパイを広く全国で知ってもらいたいとの意図がある。

「うなぎパイはお土産として知名度があるものの、まだまだ知っていただきたい隠れた魅力があります。そこで、トレンドに対して感度の高い人が集まる表参道に、期間限定ショップをオープンしました」(飯島さん)。

作り手のそんな思いを象徴するように、商品1万7285個分に相当するという巨大うなぎパイは、見る人の心にしっかり突き刺さる。

次ページ年間販売数をつなげると、驚きの長さに!
人気記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ノースフェイス快走のゴールドウイン

米国のアウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」が大ヒットし、ゴールドウインの業績は絶好調。26年ぶりに最高益を更新。次は自社オリジナルのブランドを確立し、海外展開に挑む。