強烈インパクト!この食べ物の正体とは?

原宿「カワイイモンスターカフェ」の挑戦

店舗はラフォーレ原宿の向かい側の「YMスクエア」にあり、都内最大級の面積・座席数をうたう。

店舗を構えるのは、ラフォーレ原宿の向かいにあるビル「YMスクエア」だ。面積は212坪と広く、席数は193席あり、「都内最大級」をうたっている。店内には増田さんが「1990年代からやりたかったことをすべて詰め込んだ」という、まるで遊園地のような装飾が施されている。

オープンに臨む7月30日に開かれた記者発表では、松村厚久社長が次のようなコメントをした。

「いい店を作ればTTP(徹底的にパクるの略で、模倣するの意)されますが、この店はパクるのが難しいと思う。増田さんに好きなようにやってもらったし、正直、お金もかなりかかった」

「好きなようにやらせてもらえた」

エントランスを抜けると目に飛び込んでくるのは、グルグル回るケーキ型のメリーゴーラウンド「SWEETS GO ROUND」。

実際に好きなようにやらせてもらえたようで、増田さんは、次のように語った。

「思った以上にまかせてもらえて、まったく口出しされませんでした。外国人の友人に聞くと、『東京は遊ぶところがない』と言うんです。外国人向けというと、浅草とかになってしまう。カワイイモンスターカフェによって、原宿を外国人が集まれる場にしたいと思っています」

カフェの目玉は、モンスターの体内をイメージした室内装飾や、「カワイイ」の世界観に彩られたメニューだ。店名にもある「MONSTER」に表現されているように、ポップで可愛らしい中にも、甘いだけでなく毒々しさ、グロテスクさがある増田さんのアートが余すところなく発揮されている。

画像を拡大
目玉メニューのひとつが「デンジャーカクテル(ザ・マッドサイエンティスト)」(1200円)だ。

エントランスを入ると、すぐに目に入るのが巨大なケーキ型メリーゴーラウンド。その周りに配されるカフェスペースは、キノコの森や「家畜」をモチーフにしたミルクスタンドなど、それぞれ雰囲気が異なる4つのゾーンに分かれる。

そのひとつ、「バー エクスペリメント」は、特に25歳以上の大人をターゲットにしたスペースだそうだ。「デンジャーカクテル(ザ・マッドサイエンティスト)」など、このバーでしか味わえない飲み物もある。

「大人の感性で『カワイイ』を遊んでほしい。カフェ全体もどちらかというと、子どもよりは大人に来てほしいと思っています」(増田さん)。

さらに、室内装飾とあわせて工夫をしていることがある。店内には個性たっぷりのマスコット的な存在である「モンスターガール」がいるのだ。

次ページ「モンスターガール」とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスマンのための<br>世界史&宗教

世界を深く知るには、歴史と宗教の知識が不可欠です。複雑化するビジネスの羅針盤を、よりすぐりの専門家が伝授します。「四大文明」という概念は否定されているなどの新常識、3大宗教の基本、世界史ベストブックスの超解説などが満載です。