(第73回)大学キャリアセンター/就職部の現状2

 

●大学と企業の連携が強化される

大学側に、企業と連携して積極的に行っていくべきことについて聞いてみた。

「学内セミナー/説明会」「業界研究・仕事研究」「インターンシップ」「学生のキャリア意識向上のための講座」が上位に並び、いずれも過半数の支持を得ている。
1980年代には大学と企業の強固な絆が存在したが、90年代後半からは就職ナビに押されて、関係が薄まったように見える。

いま求められているのは、就職ナビを使うバーチャルな就活ではなく、大学キャンパスを舞台にして企業と学生が出会うリアルな就職活動ではないか。大学と企業の連携が強化されていくことを望みたい。

図表7:大学と企業が積極的に連携すべきこと

 

HRプロ株式会社(旧社名:採用プロドットコム)
(本社:東京千代田区、代表取締役:寺澤康介)
人事のプロを支援するポータルサイト「HRプロ」を運営。新卒/中途採用、教育・研修、労務、人事戦略などの業務に役立つニュース、ノウハウ、サービス情報、セミナー情報を提供している。HR担当者向けのセミナーも東京・大阪で開催している。

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。