(第73回)大学キャリアセンター/就職部の現状2

 

●学生に問われる能力、企業の要求と若干のずれ

学生の質が問われるようになって久しいが、大学はどのように考えているのだろうか?

「就職にあたって、企業が学生に強く求めると思われる能力」を聞いたところ、1位は「コミュニケーション能力」、2位「チームで働く力」、3位「前に踏み出す力」となった。社会人基礎力の3つのうちの2つ「チームで働く力」「前に踏み出す力」が3位以内に入ったが、「考え抜く力」は7位であった。

上位の3つの能力については、企業の回答結果とまったく同じであるが、4位に「社会常識」、5位に「基礎的な学力」が来ており、「目標達成指向」については9位(34%)にとどまっている。このあたりは企業との認識のズレがあるようだ。

図表6:就職にあたって、企業が学生に強く求めると思われる能力

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。