(第73回)大学キャリアセンター/就職部の現状2

 

●インターンシップは強化の方向

2012年卒採用までインターンシップは何でもありの状態にあり、単なる企業セミナーまで「1Dayインターンシップ」と冠されるケースがあった。以下に紹介するインターンシップは大学に問うているので、企業が言う「インターンシップ」とは性格を異にしている。

学生にとってインターンシップが単位として認定されるかどうかは大きな関心事のはずだ。アンケートによれば、69%の大学が単位認定している。2011年4月からキャリアガイダンスが大学に義務づけられたから、この比率は上がっていくものと予測できる。

図表3:インターンシップの単位認定の有無

ただ学生のインターンシップ参加率を見ると、とても低い。大学の規模にかかわらず、約4割の大学では「0~10%」の学生しか参加していない。いや参加できていないというべきだろうか。「インターンシップ」という言葉は先行しているが、それはあくまでも就職活動(企業から見れば採用活動)の一環としてのものであり、大学のキャリア教育としては就業型の本来のインターンシップはまだまだ定着していない現状が見える。採用と関係しないインターンシップを受け入れてくれる企業の開拓に苦労しているのである。

図表4:求人票数の対前年比増減

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。