(第73回)大学キャリアセンター/就職部の現状2

 

●インターンシップは強化の方向

2012年卒採用までインターンシップは何でもありの状態にあり、単なる企業セミナーまで「1Dayインターンシップ」と冠されるケースがあった。以下に紹介するインターンシップは大学に問うているので、企業が言う「インターンシップ」とは性格を異にしている。

学生にとってインターンシップが単位として認定されるかどうかは大きな関心事のはずだ。アンケートによれば、69%の大学が単位認定している。2011年4月からキャリアガイダンスが大学に義務づけられたから、この比率は上がっていくものと予測できる。

図表3:インターンシップの単位認定の有無

ただ学生のインターンシップ参加率を見ると、とても低い。大学の規模にかかわらず、約4割の大学では「0~10%」の学生しか参加していない。いや参加できていないというべきだろうか。「インターンシップ」という言葉は先行しているが、それはあくまでも就職活動(企業から見れば採用活動)の一環としてのものであり、大学のキャリア教育としては就業型の本来のインターンシップはまだまだ定着していない現状が見える。採用と関係しないインターンシップを受け入れてくれる企業の開拓に苦労しているのである。

図表4:求人票数の対前年比増減

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング