(第73回)大学キャリアセンター/就職部の現状2

(第73回)大学キャリアセンター/就職部の現状2

 

HRプロ株式会社

前回より、HRプロと東洋経済HRオンラインが共同で実施した全国の4年制大学のキャリアセンター/就職部担当者を対象にしたアンケート調査を基に、大学における学生の就職支援状況を探っている。今回は、インターンシップの現状、今後の企業との連携内容などについて見てみたい。

●求人票でも規模の格差

企業と大学の関係を測る重要な指標が求人票である。求人票は大学の就職力を示している。下記のグラフを見れば一目瞭然だが、大学の規模によって大きな差がある。

「5001人以上」の大学の90%は1000社以上から求人票が届いており、数千社という大学がほとんどだ。ところが「1~1000人」の大学では、1000社以下が60%強であり、数十社、数百社という大学も珍しくない。もっとも30%の小規模大学は1000社以上の求人票を得ているから、小規模校の中でも大学ごとの差異は大きそうだ。

図表1:2012年度新卒就職の求人票の数

また求人票の増減を見ても、大規模校は「増えている」の比率が小規模校より高く、小規模校の多くは「減っている」と回答している。ここにも規模の格差がある。

図表2:求人票数の対前年比増減

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。