(第73回)大学キャリアセンター/就職部の現状2

(第73回)大学キャリアセンター/就職部の現状2

 

HRプロ株式会社

前回より、HRプロと東洋経済HRオンラインが共同で実施した全国の4年制大学のキャリアセンター/就職部担当者を対象にしたアンケート調査を基に、大学における学生の就職支援状況を探っている。今回は、インターンシップの現状、今後の企業との連携内容などについて見てみたい。

●求人票でも規模の格差

企業と大学の関係を測る重要な指標が求人票である。求人票は大学の就職力を示している。下記のグラフを見れば一目瞭然だが、大学の規模によって大きな差がある。

「5001人以上」の大学の90%は1000社以上から求人票が届いており、数千社という大学がほとんどだ。ところが「1~1000人」の大学では、1000社以下が60%強であり、数十社、数百社という大学も珍しくない。もっとも30%の小規模大学は1000社以上の求人票を得ているから、小規模校の中でも大学ごとの差異は大きそうだ。

図表1:2012年度新卒就職の求人票の数

また求人票の増減を見ても、大規模校は「増えている」の比率が小規模校より高く、小規模校の多くは「減っている」と回答している。ここにも規模の格差がある。

図表2:求人票数の対前年比増減

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT