美術未経験から3浪「東京藝大」彼女の圧倒的努力 付属校からの内部進学ではなく外部受験目指す

✎ 1〜 ✎ 74 ✎ 75 ✎ 76 ✎ 77
拡大
縮小
濱井正吾 浪人 東京藝術大学 美大
東京藝大をめざしたえずみまいさん。なぜ浪人してでも、藝大を目指したのでしょうか。※写真はイメージ(写真: Graphs / PIXTA)
現在、浪人という選択を取る人が20年前の半分になっている。「浪人してでもこういう大学に行きたい!」という人が激減している中で、浪人はどう人を変えるのか。また、浪人したことで何が起きるのか。 自身も9年間にわたる浪人生活を経て早稲田大学の合格を勝ち取った濱井正吾氏が、さまざまな浪人経験者にインタビューをし、その道を選んでよかったことや頑張ることができた理由などを追求していきます。
今回は日本大学の付属高校に通っていたものの、内部推薦ではなく、それまで未経験だった美術に挑戦。3浪して、東京藝術大学の工芸科に合格したえずみまいさんにお話を伺いました。
著者フォローをすると、連載の新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます。

小さい時から美術に関心があったわけではない

今回お話を伺ったえずみまいさんは、3浪で東京藝術大学の工芸科に合格した方です。

この連載の一覧はこちら

藝大に合格した人と聞くと、小さい頃から絵が得意で、芸術に触れてきた人が多いと思うかもしれません。

ところが、えずみさんは日本大学への内部進学の道を捨てて、高校3年生から美術の予備校に通い始めるという、少し変わった受験生でした。

彼女が安定した道を捨てて、未経験の分野に果敢に飛び込めた背景について、お話を伺いました。

えずみさんは2002年に千葉県で生まれました。父・母・4つ上の姉の4人家族で、親族含め、美術系の職業に就いている人は、誰もいなかったそうです。

彼女自身も幼いときから美術に触れてきたわけではなく、水泳や器械体操、バスケットボールといった、運動が好きな子どもだったそうです。

勉強面に関しては、KUMON(くもん)に通っていた小学校時代の通知表は、副教科を含めて、ほぼ5段階の5と、最高評価でした。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT