美術未経験から3浪「東京藝大」彼女の圧倒的努力 付属校からの内部進学ではなく外部受験目指す

✎ 1〜 ✎ 75 ✎ 76 ✎ 77 ✎ 最新
著者フォロー
ブックマーク

記事をマイページに保存
できます。
無料会員登録はこちら
はこちら

印刷ページの表示はログインが必要です。

無料会員登録はこちら

はこちら

縮小

今、えずみさんは東京藝術大学美術学部工芸科の1年生。「周りの人からの期待がとても大きく、プレッシャーはあります」と語りますが、大学生活を楽しんでいるようです。

彼女に浪人してよかったことを聞くと「家族が結束して仲良くなれたこと」、頑張れた理由については「自分に期待していたから」と語ってくれました。

負けず嫌いが浪人期間の頑張りを支えた

「親はずっと、自分のやりたいことを応援してくれました。反抗期で会話しない時期もあったのですが、年数制限を設けず、『納得するまでやるといい』と言ってくれていましたし、親も知らない領域だったので、いろんな場所で話を聞いたり、情報を取ってきてくれて、家族の会話が増えたのがよかったなと思います。

また、私は負けず嫌いで、周りが年々受かっていくなかで『この人が受かるなら、私も受かるかも』と自分自身に期待して、諦めなかったのがよかったですね。浪人して悪かったことは何もないと思います

過去の成功体験で得てきた自信と、負けず嫌いが浪人期間の頑張りを支えてきた彼女は、「正解がない美術を、楽しんでやるものだと伝えていきたい」と語ります。

その明るさと結果が出るまで努力する姿勢が、きっとどんな道を選ぼうと、彼女の人生を明るいものにしてくれるのだろうと感じました。

えずみまいさんの浪人生活の教訓:未経験の分野に飛び込んでも、正しく十分な量の努力を続ければ成果は出る
濱井 正吾 教育系ライター

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

はまい しょうご / Shogo Hamai

兵庫県出身、1990年11月11日生まれ。「9浪はまい」のニックネームでTwitterやYoutube、テレビ出演などを行っている。大阪産業大学経済学部経済学科に入学後、龍谷大学経済学部現代経済学科に編入学し、卒業。 高校時代にいじめを受けたことから、いじめっ子を社会的に偉くなって見返したいと思い、在学中から仮面浪人として受験勉強を4年間続ける。大学卒業後、証券会社に契約社員として就職したが10日で自主退職、同月中に配置薬会社に再就職。昼は会社、夜は予備校という生活に。同社退職後は受験勉強に専念し、9浪で早稲田大学に一般受験で合格し、2018年に教育学部国語国文学科入学、2022年卒業。現在はカルペ・ディエム所属。

この著者の記事一覧はこちら
ブックマーク

記事をマイページに保存
できます。
無料会員登録はこちら
はこちら

印刷ページの表示はログインが必要です。

無料会員登録はこちら

はこちら

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事