「不適切にも」とブラッシュアップライフの共通点 命を守るために、過去を変える物語になるか?

拡大
縮小

この第3話で市郎は、昭和のお色気バラエティのセクシー路線に「女性はみんな自分の娘だと思え。娘に言えないことは言うな。できないことはするな」と唱え、それは令和のセクハラに対しても向けられていた。

第4話では、令和でスマホを持った市郎がSNSにハマる姿から、SNS依存の滑稽さと、おじさんが陥りがちな勘違いを客観的に見せた。

そんな第4話のラストで投げかけられたのが、第5話への不穏なフリだ。

渚は市郎に会わせたい人がいると話し、父・犬島ゆずる(古田新太)を紹介するが、ゆずるは市郎を「おとうさん」と呼ぶ。

渚は以前、母は阪神・淡路大震災の年に亡くなったと話していた。もしゆずるの義理の父が市郎であれば、市郎の娘・純子(河合優実)はすでに亡くなっていることを示しているため、SNSを騒然とさせた。

物語のトーンが変わった第5話

そして2月23日に放送された第5話では、その予想どおりの展開となった。ただ、純子だけでなく、市郎も一緒に亡くなっていたのだ(詳細についてはっきりとは語られていない)。

第5話で物語のトーンがこれまでと一気に変わった。市郎と顔を合わせた渚とゆずるは当初、2人が亡くなっていることを隠そうとするが、市郎は渚の話を思い出して、純子が亡くなっていることを察する。

不適切にもほどがある! ブラッシュアップライフ
『不適切にもほどがある!』ゆずると市郎が対面(写真:番組公式サイトより引用)

しかし、動揺することも悲嘆に暮れることもなく、純子と渚のビデオを温かい目で見たり、子どものころの渚を抱いてやれたことに喜び、温かい笑顔を浮かべる。令和社会に物申す、これまでの暑苦しい昭和のおじさんの姿はなかった。

そうなると、第4話までのミュージカルシーンもない。これまでは、昭和の名曲をモチーフにアレンジした歌で、市郎が踊りながら声高に令和社会への昭和人のメッセージを伝えていたが、第5話はミュージカルの形だけは残ったものの、市郎はほぼ参加していなかった。

そしてなにより、タイトルに絡まない内容のまま、第5話は終わった(昭和社会にいる令和人のサカエ(吉田羊)による、昭和の進学指導の適当さやPTA費のずさんな管理へのツッコミはあったが、ラストのミュージカルはメッセージには絡んでいない)。

後半に差し掛かる第6話からのストーリーがどちらに向くのかは、まだわからない。

気になるのは、タイムリープものの王道である、命を守るために過去の出来事を変える物語になるのではないか、ということだ。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT