衝撃の最後になる?「不適切にも」脚本の巧みさ 何も起きなかった9話、市郎と純子の運命は?

拡大
縮小
不適切にもほどがある! 宮藤官九郎
『不適切にもほどがある!』10話予告(写真:ドラマ公式サイトより引用)

3月29日の最終回を目前に控えた、TBS金曜ドラマ『不適切にもほどがある!』。昭和のダメおやじ小川市郎(阿部サダヲ)が、令和にタイムリープし、息苦しい令和の社会を斬り込んでいく本作。令和と昭和の違いを描く一方で、1995年の阪神・淡路大震災の年に、自身と娘の純子(河合優実)が亡くなることを知った市郎が、悲しい運命と向き合う姿も描き出している。

3月22日に放送された第9話では、職場における妊活とマタハラのトラブルを社会問題として描きつつ、マッチングアプリを題材に、令和と昭和それぞれの男性の恋愛行動の違いをコミカルに描いた。

一方、阪神・淡路大震災の年に亡くなる市郎と純子の運命が変わるのかどうかは、最終回前にして何も動かず、これまで通りの流れで終わった。

次回予告ではいよいよ市郎と犬島渚(仲里依紗)が昭和に向かう前フリもあり、どんな落としどころへ向かうのか、まったく読めないまま最終話を迎える。

※以下、1~9話のネタバレがあります。ご注意ください。

第5話で物語の流れが急展開

ドラマ全話のなかで、第4話までは昭和と令和それぞれの一般社会を相対的に風刺しつつ、クドカン節全開のコミカルな昭和小ネタで勢いよく突っ走ってきた(過去記事:「不適切にもほどがある!」世代で生じる"温度差")。

しかし、第5話では一転。そのタイトルにつながらないシリアスなストーリー展開となり、市郎と純子が阪神・淡路大震災の年に亡くなることが明らかになった(過去記事:「不適切にも」とブラッシュアップライフの共通点)。

そこからの後半だが、2人の運命を変えるために市郎が奮闘するシリアスなサスペンス要素がメインになるかと思いきや、第6話からのトーンも前半と変わらなかった。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT