各話ごと振り返る「不適切にも」の凄いポイント 最終回はルールを壊して未来を変えられるか

拡大
縮小
不適切にもほどがある!
『不適切にもほどがある!』第9話より(写真:ドラマ公式サイトより引用)

名残惜しいにもほどがある! 金曜ドラマ『不適切にもほどがある!』(TBS金曜よる10時〜 脚本:宮藤官九郎)がいよいよ最終回を迎える。最終回を前にこれまでを振り返りつつ、賛否両論、話題になったこのドラマの意義を考えてみたい。

痛快コメディかと思いきや…

始まったときは、1986年と2024年をいき来する主人公・小川市郎(阿部サダヲ)を中心に、昭和と令和の人たちが入り乱れ、異論反論オブジェクションを巻き起こし続ける痛快コメディという印象だった。

ところが、1986年と2024年の間の1995年1月17日、市郎は娘・純子(河合優実)とともに阪神・淡路大震災の犠牲になっていたという事実が印象を大きく変えた。

2024年にはお墓の中に入っているはずの市郎と純子が、タイムマシーンのバスで2024年にやってきて、本来味わえない経験をする。

祖父・市郎、娘・純子、その夫・ゆずる(古田新太)、孫・渚(仲里依紗)がお茶の間で一緒に過ごしているシーン(たこ焼き焼いてる)や、純子と渚がナポリタンを食べながら語り合うシーンなど、登場人物の年齢が逆転した不思議さは、大林宣彦監督の『異人たちとの夏』(1988年)のような、ファンタジーながら上質なヒューマンドラマのようでもあった。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT