映画「あぶない刑事」"前期高齢者"が大活躍の背景 ドラマや映画で中年・シニアの主人公が増えている

拡大
縮小
あぶない刑事
オープンカーを乗りこなす柴田恭兵(左)と舘ひろし(画像:YouTube「東映映画チャンネル」より)

5月24日、映画『帰ってきた あぶない刑事』が公開された。

オリジナルドラマ(『もっとあぶない刑事』含め)が放送されたのは、1986年から1989年。劇場版もコンスタントに制作され、2016年、『さらば あぶない刑事』でついに、タカとユージの定年退職による警察官人生最後の活躍が描かれた。これで本当に「さらば」になるのかと思っていたが、まさかの8年後、2人は探偵になって戻ってきた――。

「かっこいい…」と思わず漏れる感嘆の声

サイコー! そうカタカナで書きたくなるような興奮が残る。ユーモアとアクション、そしてロマンス、気障な台詞。昭和、平成と愛された「あぶ刑事」の、愛すべきすべての世界観を抱きしめながら、タカとユージが2024年に降臨し、横浜を疾走する――そんな映画だった。

鳴ってほしいところで柴田恭兵による挿入歌『RUNNING SHOT』が鳴る。笑いたいところで2人のユーモラスな掛け合いがある。 走ってほしいところでユージ(柴田恭兵)が走り、撃ってほしいところでタカ(舘ひろし)が撃つ(しかもバイクに乗りながら!)。

エンディングも「最高!」と拍手したくなる嬉しいシーンで終わる。 軽快でテンポの良いストーリー展開は、期待を一切裏切らず、劇場は笑い声や「うぉっ」「かっこいい……」という感嘆の声が漏れ聞こえていた。

次ページ「夜遊びはおねしょのもとだぜ、坊やたち」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT