大躍進の「Vチューバー」、意外と手堅い儲けの実態 大手事務所の時価総額は2000億円!UUUMと明暗

拡大
縮小
ホロライブ所属の「兎田ぺこら」
Vチューバーはファンから送られる大量のコメントに反応しながらライブ配信を行う。画像はホロライブ所属の「兎田ぺこら」。チャンネル登録者数は200万人超 © 2016 COVER Corp.

旧・ジャニーズ事務所の解体で、2023年は揺れに揺れたエンタメ業界。その裏で、密かに躍進を遂げたのが「Vチューバー」だ。

Vチューバーとは「バーチャルユーチューバー」の略語で、YouTube上でアニメのような二次元キャラクターに声を当てる形で、動画投稿・ライブ配信を行う配信者たちを指す。年末のNHK紅白歌合戦でも、「すとぷり」というVチューバーのアイドルグループが初出場を果たし、話題となった。

Vチューバーは今やファンに限らず、投資家の間でも注目の的となっている。

Vチューバー業界で2強とされるのが、Vチューバー事務所「にじさんじ」を運営するANYCOLORと、「ホロライブプロダクション」を運営するカバー。それぞれ2022年と2023年に立て続けに上場している。両社の時価総額はともに2000億円近くに達し、国内最大のユーチューバー事務所であるUUUMと比べても約20倍の規模にまで拡大した。

飛躍の背景にビジネスモデルの変化

Vチューバーの歴史は2016年にまで遡る。同年12月に活動を開始した「キズナアイ」が元祖とされ、それからすでに7年近く経つ。

なぜ今になって、Vチューバービジネスが再び大きな注目を集めるようになったのか。カバーの谷郷元昭社長は「ビジネスモデルが変わったからだ」と指摘する。

キズナアイなどの初期のVチューバーは、動画を撮影して編集し、YouTubeにアップするという、一般的なユーチューバーと同じ形式をとっていた。しかし2018~2019年ごろから「ライブ配信」が主流になり、「バーチャルユーチューバー」というよりも「バーチャルライバー」に変わったのだという。

次ページビジネスとして拡大しやすくなった
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT