有料会員限定

ANA芝田社長に聞く「訪日客」と「エンジン問題」 国際線の伸びしろは無限、2025年以降に再拡大

✎ 1〜 ✎ 33 ✎ 34 ✎ 35 ✎ 36
拡大
縮小

航空業界最大手の社長は何を語るか。

ANAホールディングス社長 芝田浩二氏
芝田浩二(しばた・こうじ)/ANAホールディングス社長。1957年生まれ。82年東京外国語大学卒業、全日本空輸入社。アライアンス室長やロンドン支店長など歴任。2022年4月から現職。鹿児島県の加計呂麻島出身で趣味は釣り、写真撮影(撮影:尾形文繁)

特集「2024大予測|スペシャルインタビュー」の他の記事を読む

鳴動する政治。終息しない戦乱。乱高下する市況。その先にあるのは活況か、暗転か――。
『週刊東洋経済』12月23-30日 新春合併特大号の特集は「2024年大予測」。世界と日本の行方を総展望する。
週刊東洋経済 2023年12/23・12/30新春合併特大号(2024大予測)[雑誌]
『週刊東洋経済 2023年12/23・12/30新春合併特大号(2024大予測)』。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

航空業界最大手・ANAホールディングスは国際線が好調で業績は急回復。国際畑を歩んできた芝田浩二社長に、訪日外国人の動向や路線戦略などを聞いた。

 

──国際線航空券の価格が高騰し、業績を牽引しています。

時期を明示するのは難しいが、2024年の上期くらいまで現在の航空券単価の水準に大きな変動はないと思う。

需要は方面別で見ると濃淡がある。東南アジアや北米線の供給量はコロナ禍前に近づきつつあるが、中国と欧州は戻りが遅い。欧州は供給が戻れば、需要も戻る。

一方で中国は、米中関係などを見なくてはならない。米中関係は徐々に良化し、需要も戻ってくるだろう。また中国での日本人の短期滞在は、コロナ禍前と同様、ビザなしにしていただきたい。

国際線は25年以降に拡大

──コロナ禍前に就航が決まっていた羽田─ミラノ線などはまだ就航できていません。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
2024大予測|スペシャルインタビュー
石井社長「事業会社を磨き8000億円を確立する」
「アメリカは権威主義化に最も近い」と警鐘
本村正秀社長「インフラを死に物狂いで維持」
経済産業大臣としてのラストインタビュー
ガザ軍事衝突、ウクライナ戦争、米中対立……
日本建設業連合会・宮本洋一会長インタビュー
「無意識に部下のやる気をそぐ人が多い」
日本のダイバーシティーはなぜ掛け声倒れ?
「ペット」「おじさん」化で生き抜いた自ら猛省
工程集約が時流、作れないメーカーは淘汰も
すべて損得勘定で考える男が世界の秩序を破壊
「そごう・西武はグループ内で成長できなかった」
川邊健太郎氏 スペシャルインタビュー
岡野原氏が語る生成AI開発の今と活用の可能性
2015年からトップ務める江川昌史氏インタビュー
取り扱い製品数は商社の中で"格差"が拡大
シリコンウェハーで信越化学工業と双璧を成す
カギは夕夜間の日常利用とインバウンド
半沢淳一氏に銀行業界の24年の展望を聞いた
福留朗裕氏はオリーブの預金の質に手応え
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内