松下幸之助は、日本の先行きを心配していた

日本は政治と国民が甘え合っている

松下幸之助は晩年、日本の先行きを案じることが多かった(写真:hallucion7 / PIXT)
昭和の大経営者である松下幸之助。彼の言葉は時代を超えた普遍性と説得力を持っている。しかし今の20~40代の新世代リーダーにとって、「経営の神様」は遠い存在になっているのではないだろうか。松下幸之助が、23年にわたって側近として仕えた江口克彦氏に口伝したリーダーシップの奥義と、そのストーリーを味わって欲しい。(編集部) 

 

松下幸之助の政治に対する危機感は、私が側で仕事をする前から、一貫していた。おそらく、太平洋戦争の敗戦が、松下をして政治に無関心でおれなくさせたのではないか。なにせ、戦前は、通念として、政治は政治家に、商売は商売人に、それぞれで一生懸命やっておれば、社会は好ましい方向に進むと考えられていた。だから、商売人が政治に口を出すということは、ごくまれであった。しかしそうしていたところ、政治はどんどん軍部に引きずられ、ついには敗戦、国土を灰燼に帰してしまった。政治がきちっとしていなければ、いくら国民が汗水流してお国のために努力しても、結果は一夜にして、荒廃の国土と化してしまう。

政治と国民が甘え合っていてはいけない

当連載の関連書籍「ひとことの力」は好評発売中です。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

とにかく、敗戦による国民の無残な状態を目の当たりにしていただけに、政治が、しっかりして欲しいという松下の思いは、当然であったろう。私との会話の半分は、政治への不安、危機感、将来の日本に対する心配であったと言える。

昭和57(1982)年の師走、夜10時頃。松下はベッドで横になっていた。87歳。

「政治が、国民に甘えている。けど、国民も政治に甘えている。政治と国民が甘え合っているところに、日本の危機があるわね。このままいけば、諸外国よりも必ず悪くなる。そういう危機感がないな。政治家も国民も、まあ、なんとかなる程度でしか考えていない。いまに、日本はとんでもない状態になる」

夜、テレビの音を消して、目をつぶりながら、ポツリポツリとつぶやいていた。

次ページ日本の将来を不安視していた松下
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT