松下幸之助夫人に起きた「奇跡」とは?

「奥さんに奇跡が起こったんや」

松下幸之助氏(左)と庭の鉢植えを楽しむ、むめの夫人(昭和50年8月、兵庫県西宮市の自宅で)(写真:読売新聞/アフロ)
昭和の大経営者である松下幸之助。彼の言葉は時代を超えた普遍性と説得力を持っている。しかし今の20~40代の新世代リーダーにとって、「経営の神様」は遠い存在になっているのではないだろうか。松下幸之助が、23年にわたって側近として仕えた江口克彦氏に口伝したリーダーシップの奥義と、そのストーリーを味わって欲しい。(編集部)

昭和54年(1979)10月、ある婦人雑誌の取材。インタビュアーは、確か、上坂冬子氏だったと思う。この日は、朝から体調がいいのだろう、松下幸之助は、楽しそうに応じていた。“松下さんの奥様はどういう方ですか。あまりマスコミに出ていらっしゃいませんが……”と質問すると、松下は、笑いながら、ユーモアを交えて、話を始めた。

夫人は、合理的でしっかりした女性

当連載の関連書籍「ひとことの力」は好評発売中です。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

「家内ですか。う~ん、そうですなあなかなか文句の多い人ですわ。負けん気が強いですな。私の今日までの歩みは、奥さんと闘い仕事と闘いですわ。気ぃ強いですからね。だから、ある場合には間に合うけどある場合には困ると。

そうですなあ、まあ代議士にしてもいいほどですわ。しっかりしている。けど、しすぎてもいる。あんまり、外に出たがりませんな。

話したらなかなかよう喋りますけど、写真をとってもらったり、表に出たりするのは嫌がりますな。そういう点では明治の女ですわ」

次ページ夫人とはよく意見が対立した
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。