幸之助は、なぜ新しい政党を作らなかったのか

直訴の「熱心さ」「一押し」が運命を分けた

昭和の大経営者である松下幸之助。彼の言葉は時代を超えた普遍性と説得力を持っている。しかし今の20~40代の新世代リーダーにとって、「経営の神様」は遠い存在になっているのではないだろうか。松下幸之助が、23年にわたって側近として仕えた江口克彦氏に口伝したリーダーシップの奥義と、そのストーリーを味わって欲しい。(編集部) 

 

松下幸之助は言う。

「どうしてもやりたいということであれば、何回でも訴えることが大切やな。1回訴えて、ダメだと断られても、これはやるべきやと。また、自分は私にとらわれておらんと。全体のためになる、みんなのためになると思うならば、また訴えると。どうしてもやるべきです。やりたいと。そうして、何回も何回も訴えられると、これは本気やな、とわかってくる。そして、熱心やな、それならば、そのままではあかんが、こういうやり方で、やってみいや、こういう考え方で、やってみたらいい、となるわね。

だから、1回訴えて、ダメやと言われたから、それで諦めるということでは、本気の訴えとは言えんね。それほどのものであれば、断られても、最後は我ひとりでも取り組もうと。そして、実行すると。そういう姿になると、こっちもそれほどの思い、熱心さで取り組むならば、応援してあげようかとなる。そういう熱心さがないとあかん。何回も訴えてくる姿で、熱心さの度合いがわかるな

松下を動かした懸命の提案

当連載の関連書籍「ひとことの力」は好評発売中です。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

昭和50(1975)年頃、O氏が私のところに、相談に来た。「PHP誌の読者を中心に、友の会をつくり、全国的に展開し、活動をしたい」。すでに、読者が自主的に20ほどの友の会を作っていた。そういう人たちから、PHPとして本格的に取り組んでほしいという要望があるとのこと。

「あなたが、そういう思いなら、直接、松下さんに話したらどうか」

そう言って、後日、直接提案する機会をつくった。O氏は、実に実直誠実、かつ使命感に燃えている人で、このときも、松下に、懸命に提案していた。しかし、O氏の提案を聞いた松下は、

「あんたの考えはわかるが、これは大仕事になる。やめといたほうがいい」

次ページ諦めない思いに松下は
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT