幸之助は、なぜ新しい政党を作らなかったのか

直訴の「熱心さ」「一押し」が運命を分けた

しかし、O氏は、諦めなかった。友の会を作ることによって、松下さんの、日本をよくしようというその思いを広める一助にもなる。O氏は、それからも数回、直訴した。

すると、何回目かのとき、ついに松下がこう言った。

「あんたが、そう考えるんやったら、一度、やってみいや。けどな、あんたが、中心になったらあかん。中心は、あくまでも会員の人たちや。あんたは、事務局長、そういうことでやろう」

ついにO氏の提案を松下が了承したのである。彼のその後の大活躍は、ここに記述するまでもない。のちに松下が、大いに喜び、みずから彼を呼んで状況を確認、助言するようになった。

あのような程度の志ではあかんな

もうひと押しだった、という例もある。

最近まである政党の幹事長をしていたY氏。彼は、松下政経塾の2期生。入塾面接は、松下と塾頭と私、ほかが面接官だった。Y氏は、頭脳明晰、快活な青年であった。声が大きかったことを覚えている。日本を良くしたい、政治を変えたいというのが、志望の説明。松下の質問は、「酒を呑むか」「何になりたいんや」「寮生活やけど、我慢できるか」などであったと記憶している。すべての面接が終わって、合否会議。彼は、全員一致で合格決定、もちろん、松下幸之助も◎をつけていた。

その後、政経塾に入った彼の塾活動は、群を抜きほかの塾生を圧倒していた。
彼が入塾して3年経った頃だと思う。既存の政党では、日本の改革はできないと思いつめた彼は、松下に、新党を作るよう直訴した。何回、彼が直訴したのかは私にはわからないが、そのつど松下は、「まずは、人間を磨け、人間の本質をつかめ」と答えたという。実際、松下幸之助が政経塾で塾生たちに最も学び、身につけてほしいと願ったのは、松下の「人間観」であったからだ。

「塾生は、わしの考えた“人間観”を理解し、身につけるだけでいい。あとは、まあ、皆、もともと優秀やから、勉強せんでもいいわけや」

こう言っていたから、Y氏に対する松下の答えは、当然であった。

さはさりながら、松下が、Y氏の直訴にひそかに期待していたのは確かだ。というのは、昭和57(1982)年の3月、政経塾をつくって2年後、松下は「政経塾では間に合わん」から政党を作る、ついては、立党宣言、趣旨、綱領、党則を作るよう、密かに私に指示し、その準備をしていたからだ。しかし、Y氏はそれを知らず、直訴を諦めてしまった。このことはY氏から聞いたのではなく、松下から後日聞かされた。

「あの若者は、今、何をしとるんやろ。政党を作ろうと、わしのところに、数回来たけどな、あのような程度の志ではあかんな。禅宗のお坊さんになるために、まず、三日三晩、雨や雪が降っても、玄関先で手をついて坐り続ける、それでも先輩の僧から、帰れ帰れと罵倒される。そうやって、やっと認められるわけや。まして、政党を作るということであれば、なおさらやろ。あの若者な、この頃、わしのところへ来んようになった」

あとひと押しであったと思う。もう数回、直訴を繰り返していたら、私の作業は、Y氏に移り、具体化されていたかもしれない。松下は立党準備金として100億円を考えていた。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT