松下幸之助が考えた「指導者の条件」とは?

「自分より優れた人を使えることですな」

昭和の大経営者である松下幸之助。彼の言葉は時代を超えた普遍性と説得力を持っている。しかし今の20~40代の新世代リーダーにとって、「経営の神様」は遠い存在になっているのではないだろうか。23年にわたって側近として仕えた江口克彦氏に、松下幸之助が口伝したリーダーシップの奥義と、そのストーリーを味わって欲しい。(編集部)

 

指導者の条件については、古今東西、数多(あまた)の人たちが、さまざまに述べ、書き記している。

当然、『論語』にも、数カ所に記されている。曰く、指導者は、「温・良・恭・倹・譲」がないといけない。「温厚で、善良で、恭順で、倹素で、謙虚であること」とあるし、また、「九思が必要である。九思とは、明・聡・温・恭・忠・敬・問・難・義」を言う。「物を見るには細かいところまで見届け、聞くときにははっきりと、顔つきはおだやかに、身ぶりはつつましく、物言うときは真心込めて、仕事をするには注意深く、わからない点は質問を怠らず、腹が立っても後難を考え、最期にいちばん大事なのは、利益を前にしてそれが正当かどうかを一度考えてみること」とも言っている。

松下の思う指導者の条件

当連載の関連書籍「ひとことの力」は好評発売中です。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

松下幸之助も『指導者の条件』という書籍を上梓している。条件として102項目挙げている。しかも松下は、この102項目でも、「これに尽きるものではない」と言っているから、私には不可能と思ってしまう。

さすがに、松下も、「このすべてについて、完璧であるというようなことは、神様でもない限り、不可能と言ってもいいし、自分自身、これを書きながら、いかに実行できていないかを改めて痛感している」と言っているから、ホッとする。ただ、「ある項目は80%、ある項目は30%というように、程度の差はあっても、この102項目すべてについて、多少とも考え実行できているものがなくてはならない。だが、ある項目がまったくゼロという人があれば、ほかの点で優れていても、その人は指導者としての資格はない」と付け加えている。

要は、102項目は、指導者としての心掛けるチェック項目。しかし、102項目は足し算ではなく、掛け算だから、1項目でもゼロであれば、ほかが100点でも0点になりますよ、ということだろう。

とは言え、この松下幸之助の指導者の条件の102項目を眺めていると、気がめいる、少なくとも、私自身は、指導者をあきらめざるを得ないという思いになる。

しかし、そう感じていたところ、ある全国紙の記者が、私の心を見抜いてのことでもあるまいが、まことに感じ入る質問をしてくれた。

次ページある記者への問いに松下が答えたこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。