WBC優勝支えたコーチが語る「選手育成」最新手法 日々進歩するプロ野球、技術活用の「落とし穴」

拡大
縮小
監督の栗山英樹氏の右腕として侍ジャパンで奔走した城石憲之氏(右)(写真:東京スポーツ/アフロ)
日々情報がアップデートされる現代。野球のレベルは向上し、映像などトレーニングに用いる技術も発達していくなかで、コーチに求められる選手指導も大きく変化しています。2023年のWBCで侍ジャパンの内野守備・走塁兼作戦コーチを務めた城石憲之氏が、自身の選手経験や長年の選手指導を通じて得た知見をもとに、現代のプロ野球におけるコーチの理想と注意点について語ります。
※本稿は城石氏の新著『世界一のベンチで起きたこと 2023WBCで奔走したコーチの話』から一部抜粋・再構成したものです。

大きく変わった育成の手法

僕が新人としてプロ野球界に入ってから約30年、育成の手法はずいぶんと様変わりしました。

なんといっても僕らの頃はとにかく「やれ!」でしたから。でも、僕はそのおかげで長く現役を続けられたと思っているので、間違っているとまでは思いません。

でも野球の技術でも、トレーニングの分野でも、どんどん情報がアップデートされています。情報量も非常に多いです。

次ページ古いやり方はもう通用しない?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT