栗山氏「二刀流正しかったか"わからない"」の本音 侍ジャパンの監督を終えた今、考える「今後の展望」

拡大
縮小
栗山英樹
世界一の監督という栄冠にたどり着くまでの支えとなった独自の哲学や、日本ハムの監督時代の愛弟子であり、WBCをともに戦った大谷翔平選手のこと、自身のこれからについて聞いた(写真:矢口亨)
この記事の画像を見る(5枚)

3月のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で侍ジャパンの監督としてチームを世界一に導いた栗山英樹氏には小学生の時からの気になった言葉や日々の戦績、プレーの細かな振り返りを書き留める「野球ノート」がある。

球界きっての読書家としても知られている栗山氏。ジャンルは、経営者や企業家の言葉のみならず、小説、古典にまで及ぶ。そして読んで気になった言葉は、その都度ノートに書き留め、思いや考えをまとめているのだという。

このノートを、書籍としてまとめたものが『栗山ノート』だ。続編として7月に出版された著書『栗山ノート2 世界一への軌跡』(光文社)には、世界一までの舞台裏とともに栗山がその都度書き留めた言葉が収められている。

栗山氏にとっての、世界一の監督という栄冠にたどり着くまでの支えとなった独自の哲学や日本ハムの監督時代の愛弟子であり、WBCをともに戦った大谷翔平選手のこと、自身のこれからについて聞いた。

(前回:『「斎藤佑樹」の活躍に目を細める栗山の野球哲学』)

栗山氏の持つ“哲学”

同書に書かれている栗山氏のWBCでの戦いからは、彼の持つ独特な哲学がうかがえる。それは、何が起ころうとも物事の本質を見据えることだ。

その具体例として、1次ラウンドの韓国戦において源田壮亮選手が右手小指を骨折した状況が挙げられる。この時、源田選手は痛みに耐えてプレーを続けることを選択した。栗山氏は源田選手の状況を冷静に評価し、彼がチームに留まりたいという熱望に応えた。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT