スマホカメラを卒業するための決定版

オリンパスOM-D E-M5 MarkⅡはスゴかった

マクロ撮影時にも、手ぶれ補正は非常に有効だった

今回筆者は、E-M5 Mark Ⅱのレンズキットのうち、M.ZUIKO DIGITAL ED 12–50mm F3.5–6.3 EZとの組み合わせを試した。このレンズは、広角寄りからポートレート撮影までに対応する、非常に扱いやすいレンズだった。

電動ズーム、マニュアルズームの機能があり、前者はスムーズにズーム操作をしたい動画撮影時に便利。後者は写真撮影時に、スピーディに直感的な撮影ができるというメリットがあり、筆者の場合はマニュアルズーム操作を常用していた。

このレンズはカメラのコンパクトさからすると、ちょっと唐突にも思える胴体の長さがあるが、前述のとおり片手だけでグリップしにくいこのカメラと組み合わせると、両手でしっかりと構えることができ、結果としていいバランスで使用できた。

またM.ZUIKO DIGITAL ED 12–50mm F3.5–6.3 EZにはマクロ撮影モードが備えられ、レンズのリングをボタンを押しながら奥に切り替えると、被写体に20cmまで近寄って撮影ができる。植物や昆虫、あるいはアクセサリーの撮影などに威力を発揮してくれた。

筆者のようにPENシリーズなどのマイクロフォーサーズカメラを使ってきた人は、手持ちの交換レンズを使用することも、もちろん可能だ。特に単焦点レンズは比較的価格も安く充実しているため、引き続き活用したり、新たに買い足して楽しむのもよさそうだ。

スマホ連携で、スムーズにライフスタイルに入り込む

スマートフォンのカメラからE-M5 Mark Ⅱへ。この移行をスムーズにしてくれるもうひとつの機能がWi-Fiだ。自宅に戻ってパソコンを開かなくても、スマートフォンのアプリでカメラから直接写真を転送することができ、すぐにInstagramやTwitterなどへの共有が可能だ。

たとえば取材の際に、このカメラで撮影した写真の一部をInstagramで先に共有できる点は、筆者にとって非常に便利だった。

もちろん共有する際、アプリでエフェクトをかけることもできる。ただし、E-M5 Mark Ⅱできれいに撮れた写真は、そのまま手を加えずに共有してしまった。やはり写真はエフェクトの楽しさもあるが、撮影したときの質がそれに勝る。そんなことに気づかされる体験だった。

またアプリには、カメラのシャッターを切ることができる機能もあるため、集合写真を撮ったり、手ぶれを防ぐ撮影にも対応できる。このように、スマホのカメラからのステップアップとして活用しながら、スマホでの写真の楽しみ方をより広げてくれる、そんな1台だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。