スマホカメラを卒業するための決定版

オリンパスOM-D E-M5 MarkⅡはスゴかった

PENシリーズはコンパクトさを優先しており、グリップがないボディだ。そのため右手で構えてシャッターを押す際、左手を添えないと扱いにくかった。E-M5 Mark Ⅱは、レンズ側、ディスプレイ側のそれぞれに、握りやすいようにグリップが着けられているため、片手でも安定する。

一眼レフのように、片手の指先に引っかけて持ち運べるほど深くないため、片手での持ち運びには不安を覚えるが、それでもPENシリーズよりも取り回しがよくなった、という印象だ。オプションでカメラグリップも用意されているが、本体だけでももう少し握りやすいと良いように感じた。

写真もビデオもビシッと止まる

E-M5 MarkⅡは、ローパスフィルターレスの1605万画素Live MOSセンサーを採用し、これに画像処理エンジンTruePic VIIを搭載する組み合わせだ。

2011年モデルのPEN Lite E-PL3では、ISO800以上の高感度ではどうしてもノイズが気になってしまっていたが、ディテールを損なわずノイズを取り除く性能が向上している。

画像を拡大
上田城としだれ桜。暗くなってきた夕方、強い風にあおられながらの撮影だったが、手ぶれ補正としっかりとしたグリップが有効だった

しかしセンサーサイズの小ささは、暗いところでの描写に影響を与える。そこでE-M5 Mark Ⅱには、非常に強力な5軸手ぶれ補正機能を採用した。シャッター速度5段分の補正性能は世界最高をうたう。

暗くてシャッター速度が遅くなる場面でも、カメラの補正機能によって、ぶれない写真を撮ることができるということだ。つまり、感度を上げなくても、シャッター速度を低めに設定した撮影に対応できるのだ。ノイズ除去が強力になっても、それに頼らない撮影が行えた。

実際に、ビューファインダーをのぞきながら体を上下左右に振ったり、傾けたりすると、体の動きが細かければのぞいている像はあまり動かなかった。「体の動き」と「見ている映像」に差を感じるほどの補正を体験することができた。

暗い場面での撮影の助けになることはもちろんだが、高性能の手ぶれ補正機能によって、後述のキットレンズに備わっているマクロ機能や手持ちでのスムーズなビデオ撮影など、撮影の幅が広がることを実感できた。

強力な手ぶれ補正とズーム、マクロ撮影などは、やはりスマートフォンと比較しても、上級のカメラならではの機能として楽しむことができた。これと前述の“撮影に集中できる”点は、スマホで好きになった写真の楽しみをより深めてくれるだろう。

次ページM.ZUIKOのキットレンズで試してみると…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。