パナソニックの極薄カメラは何がスゴいのか

「高級カメラ+スマホ」は、未来カメラだった

半年間、筆者の手元で使ってきたCM1。好みでレンズフードを取り付け、いつも取材に携帯している
当連載は最新ガジェットの魅力を紹介するコーナー。当該企業からの貸出機や自費で購入した機器を実際に使用。その結果、魅力度が高かった製品をレビューしていく。

 

パナソニックのLUMIX DMC-CM1は、すでに今年3月に発売されており、新製品とはいえないかもしれない。

欧州では一足先にお目見えし、日本では限定数の発売という製品ではあるが、本連載で是非とも触れておきたい製品だ。製品自身の性能、画質も良いが、”デジタルカメラの未来”を照らし、進む方向を示しているようにも思えるからだ。

LUMIX CM1はパナソニックが昨年9月、2年に1度、ドイツ・ケルンで行われるトレードショウPhotokinaで発表されたAndroidスマートフォンとデジタルカメラの複合製品である。

Android 4.4を搭載するSIMフリースマートフォン(Android 5.0への対応もアナウンスされている)でありながら、ソニー製の2010万画素1インチ大型裏面照射CMOSセンサーを搭載する高画質コンパクトデジタルカメラでもある。

1インチセンサーを遣いながら超薄型を実現

上の画像をクリックするとAmazonの特設サイトにジャンプします

このサイズのセンサーを搭載しながら、レンズ部の奥行き21.1ミリ(ボディ部は15.1ミリ)に抑えているのは驚異的だ。昨今のスマートフォンは7ミリ前後まで薄く仕上がっているが、本機はあくまでも”カメラ”の位置付け。

同じ1インチセンサーを搭載するカメラというと、ソニーでいえばRX100シリーズ、キヤノンならばPowerShot G7X、パナソニックならばFZ1000などで、単焦点レンズとはいえ、これだけのセンサーを搭載するカメラが、軽くポケットに収まるというには、それだけでも魅力と言える。

言い換えるなら、そうした高スペックのCMOSセンサーを搭載しているという部分が、心に響かないのであれば、約12万円と高額のCM1を購入する理由はない。単に1インチの高画質センサーを搭載した優秀なカメラが欲しいだけならば、本機の1/3の価格で入手できるのだ。

次ページCM1はその価格に見合う商品なのだろうか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT