パナソニックの極薄カメラは何がスゴいのか

「高級カメラ+スマホ」は、未来カメラだった

食事の帰りに立ち寄ったバーで気まぐれにシャッターを切る。それだけで絵になってくれるのはまぎれもなくCM1のおかげだが、そんな場にポケットに存在することこそが重要

とはいえ、その使い勝手は本格カメラとスマートフォンの中間よりも、少しカメラ寄りといったところ。本格的なコンパクトデジタルカメラが欲しいのであれば、素直に”カメラ”を買うべきだ。

しかし、CM1はスマートフォンにも、デジタルカメラにもなし得ない体験を与えてくれる。今後、新たなネットワークサービスが流行したとしても、そこに追従していける柔軟性を持つことも、CM1の良さだろう。

「実験的な新しいカメラ」の将来は?

ところでパナソニックは、CM1がコミュニケーションを重視した実験的な新しいカメラであることを認めている。実験的とは穏やかではないが、常に新しい機能やサービスとの連動をバックアップしていこうという意識があるのだろう。Android 5.0へのアップデート計画もその一環と言える。

もっとも、計画はそこだけに留まらない。CM1が高価になった理由は、スマートフォンとデジタルカメラ。それぞれの部分を一流にするために、それぞれに専用のハードウェアを用意して組み合わせ、まるで1台の製品のように動かしているためだ。スマートフォンとカメラの2台が、この中に入っていると行っても過言ではない。

しかしながら、パナソニックは長期的な計画の中で、将来のデジタルカメラ用半導体プラットフォームで、AndroidとLTE通信機能をサポートしていくと話している。すなわち、今は先鋭的な挑戦であるCM1の取り組みも、将来はパナソニック製のデジタルカメラ、ビデオカメラを構成する”基礎”として組み込まれていくということだ。

もちろん、その基礎を活かすかどうかは製品次第だ。しかし、将来に向けて半導体開発も含めた長期的な付加価値創造まで意識して商品ラインナップの選択や開発を行っているところに、パナソニックの懐の深さを感じる。近年、コストダウン優先で冒険をしない商品構成が当たり前の中にあって、CM1による挑戦はデジタルカメラの未来を照らし、進みべき道を朧気ながらも照らし出す灯りのように感じる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT