パナソニックの極薄カメラは何がスゴいのか

「高級カメラ+スマホ」は、未来カメラだった

なんでもない日常の中で、ふと真上を見上げると、日常を飛び越えた絵が見えることもある。そんな突然の出会いにもCM1は強い

One Driveのスマホ用アプリは端末で撮影した写真を、自動的にクラウド上のストレージと同期する。その効果の範囲は、もちろん高画質カメラでもあるCM1だからといって変わるものではない。撮影した写真はOneDriveと同期され、パソコンやタブレット、Officeアプリなどから簡単に利用可能になる。

Officeユーザーでなくても同じことだ。Googleのユーザーならば、Google DriveにAndroid端末で撮影した写真をバックアップすることが可能だ。無料の容量では不足するだろうが、いつでも購入出来る。

個人的に気に入っているのが、Wi-Fi内蔵メモリカードブランドの「Eye-Fi」が運営するEye-Fi Cloudだ。Eye-Fiの提供するアプリをインストールしておけば、容量無制限で撮影した写真がクラウド上に保存されていく。特にAndroid版ならば使用者が意識しない間にクラウドに上がっている。Wi-Fiに接続できている時に同期を限定することも可能だ。

クラウド中心の写真データ管理が可能に

カメラとスマートフォンが一緒になっているのだから、ツイッターやFacebookなどのSNSに簡単に投稿したり、メールで友だちに送ることができるのは当然だが、このようにクラウド中心の写真データ管理を、利用が意識することなくバックグラウンドで行える点も、大きな長所になっている。

もっとも、CM1を日常的に携帯するようになってから生活スタイルが大きく変わったことは、”無駄”な写真を多く撮影するようになったことだ。無駄といっても、結果的にダメな写真という意味ではない。

スマートフォンを持っていると日常的な、なんでもないシーンでも、手元にある端末で”撮り留める”感覚で撮影する。撮影しようと気合いを入れて三脚とともにカメラを持ちだすわけではなく、カメラを持ちだしたと意識しないシーンで撮影する。

次ページカメラが持っていた欠点とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT