Xperia Z3の質感、実はiPhone6を凌駕

ベルリンからプラハへ、製品レビューの旅<1>

旧東ベルリンにある博物館島にて。手前が、プラハへの移動に使ったGOLF7 GTI Performance

9月。毎年、年末商戦に向けて多くのメーカーが新製品を発表する中、ドイツでは世界的な2つの家電関連の展示会が行われる。ベルリンで開催される「IFA2014」(9月5~10日)とケルンで開催される「フォトキナ2014」(9月16日~21日)だ。

この2つの展示会を取材するにあたり、ベルリンからプラはまでの道程は、やはりドイツが代表する自動車メーカー・フォルクスワーゲンの新車で移動した。これから複数回に分けて、この移動時の”旅”をテーマにした、ジャンル横断的なレビューコラムを連載していく。ガジェット好き、クルマ好きの読者の皆様には、ぜひお付き合いいただきたい。

ドイツでの旅の相棒は、9月24日に日本市場への投入が発表されたフォルクスワーゲンのGOLF 7 GTI Performanceである。外国産車として初めて日本カーオブザイヤーに輝いたGOLF 7。そのホットモデルであるGTI、それにRグレードは発表後、すぐにラインナップされた。

しかし、GTI Performanceは、なぜか日本への投入が遅れていた。果たしてフォルクスワーゲンはGOLF 7 GTI Performanceの実力に自信が無いのだろうか?というと、そうではない。むしろ、GOLF 7の中でもベストグレードを言えるほど、愉しく、速く、手応えのある車だ。フィーリングは上位モデルであるGOLF 7Rとはまた異質のものだが、完成度の高いクルマに仕上がっていた。このクルマのレビューは第2回で詳しく行いたい。

パナとソニーの最新製品も

旅のガジェット系の相棒は、パナソニックのウェアラブル4Kカメラ「HX-AX500」、ソニーの「XperiaZ3」、SmartWatch3「SWR50」、SmartBand Talk 「SWR30」である。AX500はすでに発表済みの製品だが、ソニーのスマートフォン関連製品はいずれもIFAで発表したばかりのものを、現地で試用させていただいた。

IFAのイベントの中で、ソニーモバイルコミュニケーションは、ウェアラブル製品のコンセプトを「人生とはあてのない旅のようなものだ」と定義した。そこで旅における利用シナリオを体験してみよう、ということで急遽レビューすることになった。まずは日本国内では10月下旬以降(ドコモ、KDDIの場合。ソフトバンクは11月下旬以降)に発売予定の「XperiaZ3」からみていこう。

次ページXperia Z3の実力とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT