Xperia Z3の質感、実はiPhone6を凌駕

ベルリンからプラハへ、製品レビューの旅<1>

意図したわけではなかったのだが、この旅を始めた直後の9月9日にアップルがiPhone 6シリーズとApple Watchを発表。旅を終えて帰国した20日にはiPhone 6と6plusを受け取ることとなった。

製品のスペックや機能紹介は、メーカー自身の商品サイトを含め数多くの情報がすでに出てきている。ここでは利用シーンに合わせた、それぞれの使用感を中心に、iPhone6との比較も交えながら、話を進めたい。

消えたキャリアのロゴ

au向けのXperia Z3(ソニーのホームページより)

9月下旬、日本の主要携帯電話3キャリアが今年年末商戦に向けた端末のラインナップを発表。今回、旅を共にしたXperia Z3は、全キャリアから発売されることも明らかにされた。筆者が使ったZ3は欧州向けグローバル版だが、日本向け端末では地上デジタル放送受信やおサイフケータイ対応などが行われている。

風の噂に「今度のXpeia Zは全キャリアにラインナップ。同時に、アップルと同様に本体にキャリアのロゴは表示されなくなるらしい」と聞いていたのだが、確かに背面へとキャリアロゴが移動していた(ソフトバンクモバイルは、これまでもグローバル機ではキャリアロゴを入れなくなっている)。

わずか1年ほどで3世代目となったXperia Zシリーズだが、ここに来て大幅に完成度を上げてきた印象だ。大手メーカーのAndroid端末として、クアルコム製の上位プロセッサを採用するのは当たり前のことで、動作周波数の最高値が0.3MHz向上したSnapdragon 801を内蔵しているといっても、大きな関心は引かないかもしれない。スペック向上は前世代(Z1からZ2)が大きく、今回はマイナーチェンジとの印象を持っている方が多いだろう。

次ページXperiaZ3の触感のよさ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT