Xperia Z3の質感、実はiPhone6を凌駕

ベルリンからプラハへ、製品レビューの旅<1>

しかし、端末の使用感やハードウェアとしての完成度に関しては、(もちろんZ1からZ2でも改善はしていたが)Z2からZ3の間の進歩がもっと大きい。「Z1からZ2へ変わった際にはハイレゾ音楽を本体内で再生できるようになったじゃないか!」と、詳しい人は言うかも知れないけれど、Z3を手にした時、最初に感じたのは、その触感のよさである。

金属素材と樹脂素材を一体成形し、薄くとも強靱なボディを実現し、前背面をガラスで覆うことで質感・触感を高める手法はZ2と同じだが、各部パーツが滑らかなにつながる一体感ある形状を実現している。

数字で見ると、幅で1ミリ、厚みで0.9ミリ小さくなり、11グラム軽くなっただけとのことだが、手のひらに吸い付くようにフィットする感覚がグッと増している。1年前のZ1に比べるとなおさらだ。

薄くなることで心配な剛性は、Z2と同様に金属フレームよりも樹脂フレームで応力を受け止める感覚があり、本体自身に適度な”しなり”や”ねばり”を感じる作り。iPhone 6シリーズのアルミのバスタブ構造を”剛”の作りとするなら、Xperia Z3は”柔と剛”を使い分けて薄さに対応している。

大画面でも片手で使いやすくする工夫

11月下旬にドコモが発売する予定の「Xperia Z3f」(ソニーのホームページより)

この設計手法を突き詰めて端子蓋や異素材の接合部隙間を小さくすることで、より洗練された印象をもたらしている。個人的にはZ3 Compact(日本ではNTTドコモからXperia Z3fとして発売される)の方がサイズ面では好みだが、そんな筆者でも5.2インチを使ってみようと思わせるだけの高い完成度だ。

ちなみに、せっかくアルミで多う側面、コーナー部分に異素材(何らかの樹脂)を使っている点が疑問だったが、これは金属素材よりも傷が付きにくい固い樹脂とのこと。長期間使用後でも少ない傷でフレッシュな概観をキープできるよう、あえてコーナー部分だけに配置されている。

また5インチ以上のスマートフォンは、片手で利用する際の安定が悪いことも気になるところ。Zシリーズはストラップホルダーをすべて装備しており、それはZ3も例外ではない。手持ちのスマートフォンにつけていたリング型ストラップを取り付けておいた。これで借り物のZ3を石畳にたたきつけてしまう心配もない。

Xperia Z3には、もちろんカメラや音楽プレーヤーとしての魅力もあるし、スペック上ではそちらが訴求されるだろう。しかし、スマートフォンは毎日持ち歩き、もっともよく手にする電機製品だ。手への馴染み、ハンドリング性をぜひ確認してみることを進める。

バッテリー容量も申し分ない。ベルリンからプラハまで、約350キロの道程は、アウトバーンのおかげで3時間半ほどで到着できたが、ベルリン市街での撮影や道程でのカーナビ、動画カメラ、電話として活躍したXperia Z3のバッテリ残量は、夕食時にも64%までしか減っていなかった。

GOLF7 GTI Performanceも、高速走行のなかで、良好な燃費を示してくれていた。”さらに使い込んだ”Xperia Z3のレビュー、そしてクルマのレポートは、次回以降、さらに掘り下げて行きたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT