スマホカメラを卒業するための決定版

オリンパスOM-D E-M5 MarkⅡはスゴかった

PENシリーズはマイクロ一眼をより身近に楽しむことができるように、コンパクトさや印象的な作品作りにこだわりを見せる。一方OM-Dシリーズは、マイクロフォーサーズカメラの中でも、より「撮影すること」にこだわるシリーズだ。

画像を拡大
4月17日、盛りを過ぎてしまった安曇野の桜。水面で優雅に花見をするカモ

レンズの中心と、同じ軸上に取り付けられた電子ビューファインダーをのぞくと、クリアで早い動きにも追従するレンズをとおした世界が広がる。液晶画面で撮影する利点も、自撮りや高いアングルなどで享受できるが、普段はやはり、写真に集中できるファインダーをのぞくスタイルがしっくりとくる。

通常の一眼レフカメラは、センサーをとおさないそのままの光を見ることができるメリットがあるが、電子ビューファインダーにも独自のメリットがある。露出を調整したり、エフェクトをかける場合、電子ビューファインダーは撮影する前からその結果を確認できる。またビデオを撮影する際に、ファインダーをのぞいたままで操作できる点も便利だ。

タッチパネルにも対応するが、ボディにはオプション設定を行うためのダイヤルやボタンが配置されており、ファインダーをのぞいたままのコントロールを、好みどおりに設定できる。

こうした「写真を撮ることに集中できる環境」を、E-M5 Mark Ⅱは提供してくれるのだ。

PENシリーズからのステップアップ

筆者は普段用のデジタルカメラとして、2011年モデルのオリンパス PEN Lite E-PL3を使ってきた。前述のとおり、カジュアルにマイクロ一眼を楽しむためのシリーズで、スマホ時代の象徴的なカメラとして市場を拡大させてきた。

OM-Dは、PENシリーズからのステップアップにもぴったりだった。E-M5 Mark Ⅱは、上級機といえど、マイクロフォーサーズのカメラらしいコンパクトさがポイントだ。レンズなしの状態で500gを切る469gのボディは、一眼レフカメラではなかなか実現できない軽さだ。手のひらに載せることができるサイズで扱いやすい。

カメラを持ち歩くことが仕事ではない筆者も、カバンに気軽に入れることができる。つまりカメラでの撮影機会が増えるのだ。スマートフォンを中心に写真を撮影している人にとっても、軽く持ち歩けてすぐに起動し、撮る楽しさを体験できるだろう。

次ページ一方で、片手での持ち運びには不安も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。