「女性のほうが優秀」と言われるのはナゼ?

男女の得意分野の違いをとことん考える

人材を採用するとき人事担当者は、より高い生産性を上げられる人を採用したいという視点で個人を見ます。そのために女性が高く評価されやすい。これが「女性のほうが優秀」論の背景だと思います。優劣ではなく物差しの違いなのです。

ママ型リーダーシップの時代が到来!

そのような男女の違いを考えると、チームや組織を率いるリーダーシップは男性の得意分野に思われがちです。しかしそれは、これまでリーダーシップ論が男性目線でのみ語られてきたためです。実は女性ならではのリーダーシップも研究されています。

たとえば、「PM理論」という有名なリーダーシップ理論があります。PMとはPerformanceのPとMaintenanceのMの頭文字。リーダーシップにはチームのパフォーマンス重視のP型と、メンテナンス、つまりチームワーク重視のM型の2つがあるという理論です。

 

パフォーマンスのPは男性っぽくて、チームワークのMは女性的です。「P=パパ型」「M=ママ型」と言い換えたほうががピンとくるのではないでしょうか。実は最近、リーダーシップにおいてはパフォーマンスよりモチベーションやチームワークが重要だと言われるようになりました。「M=ママ型リーダーシップ」の時代です。

パパ型リーダーシップの代表と言えば、山本五十六の「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」が有名です。頭文字をとって「YISHH」モデル。指導して自尊心を刺激する。いかにもパパ型です。

次ページではママ型は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本ブランドを売り込め!<br>中国向けEC販路の最前線

中国で2015年以降に広がったライブコマース。「ソーシャルバイヤー」が商品説明をライブ動画で配信しネットで注文を受ける、ECの新手法だ。東京からの配信開始で、日本企業も熱い視線を注いでいる。越境ECの新しい販路をリポートする。