「女性のほうが優秀」と言われるのはナゼ?

男女の得意分野の違いをとことん考える

ママ型リーダーシップはちょっと違います。ママは家族に家事のお手伝いを促すのが上手。仕事も同じです。「(私できないから)やってくれる? ありがとう! 助かる!」。頭文字をとって「YAT」モデルです

メンバーは、頼りにされた、感謝された、貢献できているなど承認欲求や貢献欲求を満たされるので、自然とモチベーションが上がります。

成長過程にも男女の違いが

ボクは「はたらく女性のかていきょうし」として、平日夜や週末に女性の仕事に関するコンサルティングを行っています。生徒さんはほとんど女性ですが、男性も少なからずいらっしゃいます。

いろいろな男女に“かてきょ”して発見したのは、仕事への自覚や自信が芽生えて、プロとして一皮むける「覚醒」の瞬間にも男女の違いがあるということです。

残念ながら、日本のビジネス社会はいまだ男性中心で、女性が自信を持ちにくいシステムです。でも、女性の場合は仕事の相手から「ありがとう」と言われて自分を自己肯定できたとき、つまり「これでイイの」と思えるときが、「覚醒」する瞬間です。

 

男性の場合は、壁にぶつかると目の前のタスクや、つらい状況から逃げたくなります。もちろんボク自身もそうです(笑)。でも「逃げても仕方がない」と気づいて目の前の状況に向き合うとき、「逃げちゃダメだっ」とつぶやくときこそが、働く男が「覚醒」する瞬間です。

この2つのセリフ、どこかで聞いた覚えがありませんか?

次ページ覚醒のセリフはあの名シーンと同じ!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。