POLA辞めた42歳彼女が後輩に伝える「切実な学び」 出戻り転職をしてマネジメント面でも成長できた

✎ 1〜 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 最新
拡大
縮小
一度ポーラを退職し、再び入社するまでに「外」で試行錯誤した経験から、「会社の知名度や歴史、周囲の人々の存在がいかに大きいか、大切かを知った」と菅沼さんは語ります(写真:梅谷秀司)
この記事の画像を見る(3枚)
社員が会社を辞めるのは、なんらかの理由があるからだ。給料かもしれないし、人間関係かもしれないし、自身のキャリアを考えた結果かもしれない。ライフイベントに合わせた結果かもしれないし、その背景には人それぞれの事情がある。
しかし、中には「一度去った会社に戻ってくる人」もいる。「出戻り転職」と呼ばれる行動だが、本連載ではこの「出戻り転職」にフォーカスを当てたい。一度辞めたのに「戻りたい」と思える会社はそれだけ働く人にとって魅力的だと考えられるし、そこから「社員と会社の良好な関係性」をひもとけると考えられるからだ。

「昔の自分はなんでもできると思っていた。でも転職してみると、会社の知名度や、会社が築いてきた歴史、周囲の人々の存在がいかに大きいか、大切かを知った」

筆者はフリーランス人事として多くのビジネスパーソンの転職相談に乗っているが、中でも多くの人から聞くのが上記のような感想だ。能力の高い人でも、転職先で必ず満足のいく結果を出せるとは限らない。会社の風土、ビジネスの内容、チームとの相性、個人のライフイベントとの兼ね合いなど、多くの変数が影響してくるからだ。

「外」で試行錯誤した経験から得た学び

今回話を聞いたのは、株式会社ポーラの菅沼麻子さん(42歳)。リンクルショット、B.Aなどのポーラの代表的なスキンケア商品開発を担う部署である、ブランドクリエイティブ部・ショット開発チームのチームリーダーを務める女性だ。出戻り転職した人にインタビューする本連載に登場していることからもわかるとおり、一度ポーラを退職し、再び入社している。

退職のきっかけを尋ねると「あの頃は、すごい調子にのっていたんだと思います……(笑)」と、当時を思い出しながら、気さくな語り口で話し始めてくれた。彼女の話からわかるのは、「周囲と協力しながら働けることが、いかにありがたいことか」ということだった。

次ページコスメブランドを立ち上げるという経験が「転職」につながる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT