「わずか8カ月」で出戻り転職した30歳男性の結末 体を壊して退職したが…迎えた意外すぎる展開

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
日本ではあまりイメージがよくない「出戻り転職」。しかし、労働力不足が深刻化する今、向き合うことは重要だ(写真:Yagi-Studio/iStock)
日本企業で人手不足が深刻化して久しい。売り手市場が長く続き、「いい人材」は年々高嶺の花に。人事部は採用コストに頭を抱え、現場は人手不足による長時間労働の沼に沈んだままだ。
人がいない、それならばいっそ「辞めたあいつは……?」。こうして脚光を浴びるのが、かつての同僚、「辞めた人材」だ。会社の表も裏も、酸いも甘いも知って辞めた彼らが、もし戻ってきてくれたならば、即戦力どころか、会社を動かす突き抜けた力になる可能性すらある。
「出戻り人材」の可能性とはいかに。この連載では実際に出戻った人と、受け入れた企業、それぞれに話を聞き、その可能性を探っていく。

30歳エンジニアの場合

ゲーム業界でWebエンジニアとして働く三島和宏さん(30歳/仮名)は、8カ月の期間を経て、2020年冬に、もともと在籍していたA社に戻った。

私立の文系学部を卒業し、ITシステム販売企業に経理職として入社。その後、スクール通いを通じてエンジニアとなり、約2年おきのペースで転職してきた、「自他共に認めるジョブホッパー」である。

(この連載の一覧はこちら

A社に入ったのは2019年のこと。新しくリリースされるゲームの開発に関わり、年収は650万円となかなかの額だったが、2020年春頃に退職することになる。

「辞めた理由は主に2つ。1つは、自分にばかり難しい業務が割り振られたこと。同じチームの人にあまり仕事ができない人が多くて……和やかな社風なのでそういう人が詰められたりすることはないんですが、結果的に周囲の社員の負担が多くなってしまうんです。僕も、まさにそのひとりでした。

もう1つは、コロナ禍で忙しくなったこと。ゲーム業界は、結果的にコロナの恩恵を受けた業界です。上ももちろん言葉にしたりはしないけど、かき入れ時と判断したのか、どんどん施策を打ったんです。でも、コロナ禍なのもあってか採用は増えず、現場の負担は増えていきました」

次ページ心身ともに疲弊し退職を決意
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT