「年齢への焦り」で転職した37歳の彼が迎えた結末 1社に長く勤務、「転職市場での価値」に不安も…

印刷
A
A
年齢への焦りから、12年間勤務した会社を離れることにした男性。しかし、転職先で思わぬトラブルに巻き込まれ、7カ月で出戻り転職することに(写真:monzenmachi/GettyImages)
人手不足が深刻化して久しく、「いい人材」との出会いは年々難しくなっている。そんななか、注目を集め始めているのが「出戻り転職」だ。会社の良い部分も悪い部分も知っている彼らがもし戻ってきてくれたなら、会社を動かす存在になる可能性がある。
この連載では実際に出戻った人と、受け入れた企業、それぞれに話を聞き、「出戻り転職」の可能性を探っていく。

「愛を込めて…」退社もわずか7カ月で出戻り

インターネットビジネス黎明期からSEOを中心としたサービスを行ってきた株式会社ジオコード。その広報として働いている加藤康二さんが、今回の主役だ。

画像をクリックすると本連載の過去記事にジャンプします

加藤さんは創業まもないジオコードに8人目の社員として入社し、12年の勤務ののち37歳で転職。

退職時には自身のブログにその時の気持ちを綴っている。始まりはこうだ。

「12年2か月と21日、日に換算すると4465日……余計にわかりづらいので約12年間、大変お世話になった株式会社ジオコードを6月末で退職します。」

創業者である社長から、当時流行していたmixiの日記に仕事の誘いを書き込まれたことから始まる加藤さんの物語は、

「4465日もの間お世話になった株式会社ジオコードに愛を込めて……」

という、壮大な言葉で締めくくられる。ひとつの大きな区切りを決断したことがよく伝わってくる記事だが、結論から述べると、加藤さんは7カ月ほどでジオコードに再入社することになった。

次ページ転職市場での価値が落ちていく焦り
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT