年収750万円の妻が溺愛する「11歳上の夫」の美点 「妻と死別した夫」と「最初は二股だった妻」との縁

✎ 1〜 ✎ 231 ✎ 232 ✎ 233 ✎ 最新
拡大
縮小
「いじられる夫」と「クセの強い妻」の結婚生活とは?(イラスト:堀江篤史)

若くて美しいものへの憧れは誰もが持っているのだろう。年下の異性との恋愛や結婚を望む人は少なくない。

しかし、結婚とは生活そのものだ。10歳以上も年下の相手とうまくやっていくには、包容力や「甘えられやすい傾向」のようなものが必要だと取材を通して筆者は感じている。神奈川県に住んでいる山崎啓介さん(仮名、45歳)と典子さん(仮名、34歳)はその典型のようなカップルだ。

夫の意向抜きに、前のめりな妻

35歳以上で結婚した人を取材する本連載。その出演申し込みフォームに応募してくれたのはなぜか典子さん。彼らが結婚したのは5年前。典子さんは明らかに取材対象外だが、啓介さんの意向は聞かずに以下のような前のめりのメッセージを送ってきてくれた。

<死別経験+年齢差があるパターンは意外と少ないかもと思い応募致しました。私側からすると、結婚してからも、前妻問題に振り回されたり、夫が3カ月無収入になるなど波乱万丈でしたが、今は穏やかに暮らしています。是非お話できますと幸いです!>

死別経験があるのは啓介さんのほうで、無収入になった時期があることも勝手に明かされている。インタビュー取材は啓介さんが主な対象だとメールで伝えると、典子さんは即レスで快諾。大丈夫なのだろうか……。

次ページ子どもの頃や職場は女性に囲まれている環境だった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT