「恋愛経験ほぼナシ」45歳男性が結婚できたワケ

何事も思考優先の"変人"を変えたのは…

10歳年上の独特な雰囲気を持つ男性と結婚した恵美子さん。その結婚までの道のりをお聞きしました(イラスト:堀江篤史)

35歳以上で結婚した人を訪ね歩く本連載。すでに130人ほどの「晩婚さん」にインタビューしている。出演申し込みフォームから連絡をくれた人を訪ねる場合もあれば、筆者が仕事や生活をしながら知り合った人にアプローチすることもある。

「読者交流飲み会」の参加者から結婚報告

整体師の川村恵美子さん(仮名、34歳)と出会ったのは、筆者が主催する読者交流飲み会「スナック大宮」でのことだ。この会は本連載の読者も多く、「私も結婚したら晩婚さんに出たい」と言ってくれるアラフォー以降の独身男女も少なくない。ありがたい。結婚したら親の次ぐらいに僕に報告してください、と調子に乗って公言している。すると、本当に声をかけてくれる人がいるのだ。

ご無沙汰しています。覚えていらっしゃらないかもしれませんが、東京・西荻窪でのスナック大宮に出席したことがあります。かねてより交際していた吉田隆之さん(仮名)と本日、入籍しました。なんとなくご報告させていただきます。

恵美子さんからこんなメールをもらったのは今年の6月下旬のことだった。34歳ではわれわれの晩婚さんの定義からギリギリ外れている。しかし、相手の隆之さんは45歳。ばっちり該当する。

この連載の一覧はこちら

隆之さんも2回ほどスナック大宮に来てくれたことがある。よく見るとつぶらな瞳と整った顔立ちをしているのだが、いつも気難しそうに眉間にしわを寄せている男性だ。愛想笑いもせず、相手に調子を合わせて相づちを打つこともしない。でも、なぜか愛嬌のようなものを漂わせている人だったと記憶している。

次ページ独特な雰囲気の隆之さんとの「対話」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT