42歳女性が「結婚恐怖症」をついに克服したワケ

第一印象は「無理!」だった相手との“良縁"

2度目のスピード婚をした女性にお話を聞きました(イラスト:堀江篤史)

28歳のときにスピード結婚とスピード離婚を経験し、「結婚恐怖症」になっていたと自己分析する女性がいる。2年前に10歳年上の男性と再婚した鈴木美里さん(仮名、46歳)だ。

出会ってから7カ月後に再婚しているのだから、またしてもスピード結婚と言えるだろう。最初の結婚とどんな違いがあるのだろうか。いろいろ聞いてみたい。

失敗した初めての結婚の経緯は…

「結婚はしたいけれど、また失敗したくないと思って逃げていたんだと思います。結婚指輪や『ゼクシィ』を見るのすら嫌でしたね。出雲大社のお参りやヒーリングも経験しましたが、結局のところは時間で癒えたのだと思います。10年かかりました」

勢いよく話す美里さん。笑顔を絶やさず、こちらにも気遣いをしてくれる女性だ。失敗を恐れるような人物には見えない。当時の美里さんは激務で知られる華やかな業界で働いており、結婚生活よりも仕事に打ち込みたかったのかもしれない。

この連載の一覧はこちら

最初の結婚相手を仮に真治さんと呼ぶことにする。同じ会社で働く4歳年上の先輩だった。交際後4カ月で結婚した理由を、美里さんはやや露悪的に振り返る。

「所属する班が違っていたので、お互いの顔を知ってはいても話したことはありませんでした。あるとき帰り道にバッタリ会って飲みに行くことになり、そのまま付き合うことになったんです。好きになったわけではありません。スペックが私にちょうどいいなと思いました。早稲田や慶応などの一流大卒だと萎縮してしまうけど、彼は手ごろな大学の出身です。

私はあまり男性経験がなくて、どんな男性が自分に合うのかがわかりませんでした。28歳という年齢で焦っていたので、このへんで手を打とうと思ってしまったんです」

次ページ本人以上に母親も「合わない」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT