41歳「独身のままで平気な男性」のリアル婚活

「不思議くん」がついに婚約したお相手は…

マイペースな「不思議くん」が婚約するまでの経緯とは……(イラスト:堀江篤史)

30代半ばを過ぎた頃から、良くも悪くも自分の生活スタイルが決まってくる。仕事はそこそこ楽しいし、趣味もある。気の合う友だちも少なくなく、「寂しい」と思ったことは一度もない。結婚はしたほうがいいとは思う。でも、好きでもない人と一緒にいることで自分の時間やお金がなくなってしまうことは避けたい――。

この連載の一覧はこちら

本連載の取材対象である晩婚さん(35歳以上で結婚する男女)の「予備軍」にあたる独身者に会っていると、「好きな人とならば結婚する。一緒に幸せになる努力もしたい。でも、好きじゃなければ結婚しても不幸になる気がするので、独身のままで構わない」という本音が見えることが多い。

そうして、婚活の場から遠ざかったりする。この傾向は特に男性に多いように思う。結婚して家庭を築くことはもはや当たり前ではないのだ。

独身を楽しんできた修さんのまったり婚活

IT企業に正社員として勤務する中沢修さん(仮名、41歳)は「独身のままでも平気な人」の典型のような男性だ。取材場所に選んだ東京・西新宿の土佐料理店には三つぞろえのスーツで登場。短く刈り込んだあごひげと黒縁眼鏡。物腰が柔らかくて笑顔も多く、個性派俳優のような印象を受ける。自転車や筋トレで体を鍛える一方で、一人旅や一人飲み、読書も大好きらしい。

傍らに座っているのは、婚約者の絵理さん(仮名、32歳)。ショートカットがよく似合う小顔美人で、刺しゅう入りのスカートと青色の靴、ストールなどを組み合わせて着こなしているオシャレな人だ。長くアパレル企業に勤めていたが、現在は求職中だという。

修さんは昨年3月に公営のスポーツセンターで絵理さんと出会い、絵理さんのほうから告白されて付き合うようになった。冬からは同棲を始めて、結婚の約束をしている。2人の婚約ストーリーの前に、修さんのちょっとおかしな婚活について聞くことにしよう。

「結婚を考え始めたのは32歳ごろです。両親からは『早く結婚しろ』と言われていたので、そろそろかな~と思っていました」

のんびりした口調で話す修さん。一人遊びと同じぐらい他人と一緒に過ごすことも好きなので、合コンに誘われることも多かった。そして、合コンで出会った8歳下の臨床検査技師の女性と交際した。

次ページ去る者は追わず…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT