新婚41歳女性が「お金と妊活」で苦悩するワケ

一回り年下の夫と暮らす幸福の一方で…

一回り年下の男性と結婚した41歳女性の暮らしとは…(イラスト:堀江篤史)

東京都内のデパートにある和食店で、ライブ活動を中心に活動しているミュージシャン、木内奈菜さん(仮名、41歳)とランチをしながらインタビューをしている。2年前に一回り年下の男性と結婚した晩婚さんだ。

大きな瞳と長い黒髪が魅力的な奈菜さん。口数は少なめで、迎合はせず、考えながらゆっくりしっかりと話す。ややミステリアスな印象を受ける美人である。

「仕事第一」でも、家族が欲しい気持ちは強かった

奈菜さんは学生時代から音楽関係の仕事を始め、組織には一度も属することなく働き、生計を立ててきた。若い頃から「仕事第一」で走ってきたが、自分の家族が欲しいという気持ちは強かったと明かす。ただし、会社員と付き合ったことは一度もない。

「職業で人を見ているつもりはありません。でも、音楽の話などができないかなと思ってしまいます。会社員から真剣にアプローチしてもらったこともほとんどありません。『バンドをやってます』なんて言うと変な人に思われるのでしょう」

この連載の一覧はこちら

音楽好きな会社員男性はたくさんいるので、奈菜さんと話が合う人も多いはずだ。ただし、活躍している自営業者や経営者の女性は、結婚願望のある男性からは敬遠されやすいのは事実だと思う。弁護士や医者といった国家資格を持っている場合も例外ではない。なんとなく「僕の手には負えない」と感じてしまうのだ。

20代後半で奈菜さんが3年間ほど付き合っていたのはバンドマンの男性だった。11歳年上の憲弘さん(仮名)で、建築関連の「一人親方」で生計を立てながら音楽活動に精を出していた。

「休みの日に行きたい場所が似ていて、一緒にライブに行ったり美術展を観に行ったりしていました。別れた今でも仲良しです」

次ページ30歳が目前となり…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT