42歳女性が「結婚恐怖症」をついに克服したワケ

第一印象は「無理!」だった相手との“良縁"

事実だから怒らなかったのではないと思う。妻である美里さんの愛情を感じていたからこそ、敏夫さんは素直に聞く気になったのだろう。不要なこだわりがなくなり、朗らかで付き合いやすい大人になれる――。他者と人生を分かち合うことで得られる大きな成果だ。

2人の結婚にはほかにも幸せな副次効果があった。お互いの親を大切にできていることだ。結婚直後、美里さんの母親が足を患い、当面は自力で歩行できない状態になった。美里さんとの仲はよくなかったのだが、新婚の自宅に来てもらって通院とリハビリを手伝うことにした。献身的に支えたのはむしろ敏夫さんのほうだった。

「トイレまで母をおぶってくれたり、家の中にDIYで手すりをつけてくれたり。それでも『オレはエラい』という態度にはならず、母を立ててくれました。いま、母と夫はすごく仲良しです」

2人で問題解決ができることの重要性

晩婚さんは新婚でありながら親の介護に突入していることが少なくない。配偶者とどのような形で協力できるかは、育児の次ぐらいに重要な課題と言える。美里さんと敏夫さんの場合は、課題解決のパートナーとしての相性もよかったようだ。

「しばらくすると彼の母親が心臓の手術を受けることになりました。ちなみに、前の結婚のときとは違って、『根性をたたき直す研修』を勧めるような義母ではありません。今度は私の出番です。親もお世話になった病院のつてをたどって、心臓外科の名医に執刀してもらうことができました。私はそういうことは得意ですから」

出産と育児に関しては年齢的に諦めることにして、2人で犬を飼ってかわいがっている。「お互いを(愛犬の)パパとママと呼ぶような寒いカップルになっています」と笑う美里さん。いま、「一緒にいて嫌じゃない」相手との和やかな暮らしを満喫しているのだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT