「恋愛経験ほぼナシ」45歳男性が結婚できたワケ

何事も思考優先の"変人"を変えたのは…

2人と待ち合わせたのは、都内にある整体院。恵美子さんの勤務先の1つであり、院長先生の好意で待合スペースを使わせてくれるという。恵美子さんは看護師のような制服に身を包んで髪を後ろにまとめた凛々しい姿。その隣には、相変わらず困ったような表情を浮かべた隆之さんが座っている。恵美子さんによれば、隆之さんは取材を受けるのが嫌なわけではない。

「彼はノリじゃないところで考えて話す人です。私は女友達などとノリで話すことはありますが、深いところでは会話が成立していなかったりします。隆之さんはナチュラルな話し方ではないけれど、ちゃんと会話が成立している。会話というより対話。そういう人って希少だと思うのです」

隆之さんはちゃんと考えて自分の言葉で話そうとするので不思議なリズムと表情になっているらしい。ならば、こちらも「ノリ」は気にせずに聞きたいことをゆっくり聞こう。隆之さんは恵美子さんと出会うまでは結婚願望はなかったのだろうか。

「恋愛経験はないに等しいです。相手がいないから仕方ないだろうと思ってきた20代、30代、そして40代でした。……私はそもそも他人との距離の取り方がよくわかりません。仕事場で学習した距離の取り方からはみ出さないようにしています。今日はこれをしようと思ったことはそのとおりにやることができます。それ以外は、自分には縁遠いことだと思っていました」

2人が出会うまで

かつては大学院で哲学を研究していたという隆之さん。考えすぎる性質なのだろうか。「やりたい仕事」が思いつかず、担当教授との折り合いも付けられず、大学院は中退。ビデオ店の店員などをしながら一人暮らしを続けていた。

10年ほど前に、ようやく適職を見つけた。講師業だ。現在は、小中学生向けの進学塾と日本語学校をかけもちして働いている。

自分が決めたことからはみ出さずに暮らしてきたと語る隆之さん。ただし、他人に関心がないわけではない。さまざまな人の文章を読み、興味があればイベントなどにも出かけていく。

ある女性作家のファンになり、その人が主催するイベントで知り合ったのが恵美子さんだった。今から3年前のことだ。隆之さんは恵美子さんとの楽しい会話を今でも覚えている。

「執着について語り合いました。恵美子さんとは話が合って面白かったです」

初対面の相手との話題が「執着」。さすが哲学系だ。それに応じるほうもすごいと思うが、恵美子さんは何を話したかはまったく覚えていない。

「でも、隆之さんは変わった感じの人なので面白いなとは思いました」

次ページ彼からは結婚について明確な言葉がなかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT