話していて「めんどくさい人」そうでない人の差 「私なんて…」と自虐ネタを入れて話すのはNGだ

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6
拡大
縮小
「私なんて」を連発して、「自分を卑下する」のがクセになっていませんか?(写真:mits/PIXTA)
同じ目的の言葉を伝えるにしても、言い方を変えるだけで相手に与える印象は180度変わります。人づきあいがこじれてしまう、関係がぎくしゃくしてしまう話し方は、「損する話し方」をしているということです。話し方ひとつで、人間関係は良くも悪くもなるのです。
話し方で損する人 得する人』では、シチュエーション別に「損する話し方」と「得する話し方」を紹介しています。本稿では同書より一部を抜粋しお届けします。
実際にその話し方が相手にどれだけ「好印象」を与える(得)か、「悪印象」を与える(損)か、について、アンケート調査を実施し、「悪印象度と好印象度」として、結果も掲載しています。

話し方で損する人得する人

●得する人=「私は」と話しはじめる→好印象度73%
●損する人=「私なんて」「私だって」が口ぐせ→悪印象度77%

「昨日髪切ったんだ!」

「かわいいね! 私なんて顔が大きいからショートとか絶対無理!」

「そんなことないと思うけど」

「いやいや、私ってほら、地味な顔立ちだし、かわいげがないっていうか」

「そんなことないって……」

このように「自分を卑下する」のがクセになってはいませんか?

「私なんて……」を連発する。そのあとには「かわいくないから」「頭が悪いから」「仕事できないし」「みんなに迷惑かけてばっかりだから」と続きます。

「私なんて」は「そんなことないよ」とフォローしてくれることを期待している言い方。それが透けて見えるから、聞かされるほうとしては「めんどくさいなあ」と疲れてしまいます。これは明らかに「損」な話し方です。

謙虚にへりくだっておけば「バッシングされにくい」というメリットはあります。「私なんて」が口ぐせの人は、ひたすら敵をつくらないようにするのがクセになっているのです。

次ページ「めんどくさい人」の共通点
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT