「繊細さん」にも役立つチャッターのテクニック 問題と距離を置くことで自分らしく生きられる

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
拡大
縮小
不安げな表情の若い女性
生まれつき敏感な「繊細さん」(HSP=Highly Sensitive Person)のなかには、チャッター(頭の中のひとりごと)に邪魔されて、「本当は自分はどうしたいのか」が見えなくなる人もいるようです(写真:nonpii/PIXTA)
「明日のプレゼンはうまくいくだろうか」「昨日はあんなことを言ってしまった」など、私たちは日々、頭の中で話をしている。
このような「頭の中のひとりごと」はしばしば暴走し、あなたの脳を支配し、さまざまな問題を引き起こしてしまう。
一方、この「頭の中のひとりごと」(チャッター)をコントロールすることができれば、あなたは本来持っている能力を最大限に発揮できるという。
賢い人ほど陥りがちな「考えすぎ」を抜け出す方法とは何か? 今回、11月に日本語版が刊行された、40カ国以上で刊行の世界的ベストセラー、『Chatter(チャッター):「頭の中のひとりごと」をコントロールし、最良の行動を導くための26の方法』について、『「繊細さん」の本』の著者で、HSP専門カウンセラーの武田友紀氏に話を聞いた。前編と後編の2回に分けてお届けする。

「繊細さん」は自分を後回しにしがち

私は主に「繊細さん」と呼ばれる、とても敏感な人たちをカウンセリングしています。繊細さんは、深く考え、他の人が気づかない小さなことにもよく気づく人たちです。

『Chatter(チャッター):「頭の中のひとりごと」をコントロールし、最良の行動を導くための26の方法』。(書影をクリックすると、Amazonのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

仕事でも人間関係でも、チャッター(頭の中のひとりごと)に邪魔されて、「自分はどうしたいのか」が見えなくなり、ご相談にいらっしゃる場合があります。

私はカウンセリングで、「のびのびと生きるには、自分の本音を大事にしよう」とお伝えしています。

繊細さんは、相手の感情や社会の「こうすべき」という声を敏感に感じ取るため、つい自分が後回しになりやすい。

本音を大事にすることで、より自分に合う仕事や人間関係、生き方を見つけやすくなるからです。

次ページ「自分自身を3人称で呼ぶ」ことの効果
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT