「頭の中の独り言"チャッター"」の危険すぎる正体 SNSで急増!「深く考えられない」の深刻理由

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
私たちが自覚していない「頭のなかのひとりごと」は、集中力を阻害し、パフォーマンスを損なうなど、さまざまな問題を引き起こしています(写真:metamorworks/PIXTA)
「明日のプレゼンはうまくいくだろうか」「昨日はあんなことを言ってしまった」など、私たちは日々、頭の中で話をしている。
このような「頭のなかのひとりごと」(チャッター)はしばしば暴走し、あなたの脳を支配し、さまざまな問題を引き起こしてしまう。
一方、この「チャッター」をコントロールすることができれば、あなたは本来持っている能力を最大限に発揮できるという。
賢い人ほど陥りがちな「考えすぎ」から抜け出す方法とは何か? 今回、11月に日本語版が刊行された、40カ国以上で刊行の世界的ベストセラー、『Chatter(チャッター):「頭の中のひとりごと」をコントロールし、最良の行動を導くための26の方法』について、マインドフルネスのプラットフォーム「MELON」の代表、橋本大佑氏に話を聞いた。3回に分けてお届けする。

脳は常に言語で思考している

『Chatter(チャッター):「頭の中のひとりごと」をコントロールし、最良の行動を導くための26の方法』。(書影をクリックすると、Amazonのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

『チャッター』は、頭の中のひとりごとによって起きる問題にフォーカスした一冊です。本書を読めば、誰もが「わかる。確かに自分も頭の中でしゃべっているな」と共感するのではないでしょうか。

本書で言うところの「チャッター」は、マインドフルネスの文脈では、「DMN(デフォルト・モード・ネットワーク)」という、脳科学や神経心理学の用語で表現されます。

DMNは、特定の脳の回路が動いて、無意識にボーッと思考しているアイドリング状態のようなものです。無意識ですから、多くの人は、自分の頭の中でチャッターが起きていることを自覚していません。

次ページ誰もが「内なる声」に気づいていない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT