寝る前に厳禁「眠りの質を下げる」悪習慣3つ 睡眠不足で頭が回らず残業が増える悪循環にNO

拡大
縮小
知らず知らず行っているかもしれない「睡眠の質を下げる3つの習慣」をご紹介します(写真:horiphoto/PIXTA)
残業続きで睡眠不足のため、日中は頭が回らず、仕事が片付かないからまた残業が増える……。そんな悪循環を断ち切りたい!という人も多いことでしょう。
そんな忙しいビジネスパーソンに、短時間でも疲労を回復できる“理想の睡眠”を伝授するのが、睡眠セラピストで『誰でも簡単に疲れない体が手に入る 濃縮睡眠®メソッド』の著者でもある松本美栄さんです。
知らず知らず行っているかもしれない「睡眠の質を下げる3つの習慣」を教えてもらいました。

睡眠の質を上げるために「やめるべき3つの習慣」

入眠してすぐに深い眠りに到達し、それが持続する――そんな理想的な睡眠を、私は「濃縮睡眠」と名付けています。この「濃縮睡眠」を実現できれば、たとえ短い睡眠時間であっても体と脳の疲れがとれ、すっきりと目覚めることができます。

今回は、睡眠の質を上げるために「やめるべき3つの習慣」についてお伝えしましょう。

まず1つ目は、「就寝前に考え事をするのをやめること」。

とくにデスクワーカーの疲れがとれないのは、体が疲れているからではなく「脳」が疲れているからです。脳疲労は睡眠の質を下げ、慢性的な疲れの原因になることが脳科学の研究によってわかっています。

脳が疲れている人は、交感神経が優位になった緊張状態のままです。この状態のまま眠ってしまえば、深い眠りに入ることはできません。脳疲労は眠りを浅くし、睡眠の質を下げる原因なのです。

それだけではありません。質の低い睡眠では、脳の疲労がとれないため、脳疲労が睡眠の質を下げる→質の低い睡眠がさらに脳疲労を蓄積させる→その結果、ますます睡眠の質が低下する……という悪循環が起きてしまうのです。

以上のように、脳疲労は睡眠の質を下げる最大の原因の1つです。よく眠るためには、脳疲労を上手に取り除いてあげなくてはいけません。

次ページ眠る前に「不安をアウトプット」する
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT