従業員を最高に伸ばす!「イケア流」の秘密

労働条件で、期待値を変えない

イケアでは、全従業員が同じように”期待”されている
 どんなキャリアルートをたどれば、人は「最高に」成長するのだろうか。それについてのヒントをくれるのが、スウェーデン発祥で家具小売り世界最大手のイケアだ。
 イケア・ジャパンでは、2014年9月に「全従業員を正社員化」し話題になったが、それも従業員のキャリア開発の一環といっていいだろう。これ以外にも、イケアには一直線ではなく「ジャングルジム型」に進むキャリアプランといった、独特の「人を伸ばす」取り組みがある。なぜ、イケアはその方法を採るのか? 前回記事に続き、カントリーHRマネージャーの泉川玲香氏に「イケア流の秘密」について聞く。
※前回記事:「なぜイケアの人は活き活きとしているのか?」はこちら

なぜイケアは全従業員を正社員化したのか?

イケア・ジャパンでは2014年から全従業員の正社員化を始めました。おかげさまでこれまでに多くの反響をいただいています。

日本企業にはあまりない制度のようで、よく質問をよくいただくので、少し経緯からお話しさせてください。

基本的にはイケアは、全世界で、全従業員を正社員化するというスタンスを取っています。しかし、実際にはイケアの海外店舗では正社員以外での雇用を行っている国も多いのです。イケアは世界28カ国に展開しており、それぞれの国に合わせた体制を行っていく必要があるからです。

実際、日本においても、外国からやってきた企業が突然、日本市場の慣習と大きく異なる制度を入れるのが、はたして日本を尊重するという意味で正しいのだろうかという議論がありました。そこで、最初はパートと正社員を分けていたのです。「郷に入っては郷に従え」と。

本格的に正社員化の方向で動き始めたのは、2年ほど前からです。日本進出10年を迎えつつあり、2014年で8店舗となって、日本の市場である程度、受け入れていただいたと考えました。さらに2020年に向けて14店舗、15店舗……というビジョンが見えてきた中で、「人に成長の機会を届けていきたい」ということを考えたときに、今の人事システムがイケア本来の思いとズレているのではないか、と感じるに至ったのです。

次ページ働く時間が短い人は、能力が低いのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。