イケアは「スマホを充電できる家具」まで作る

<動画>テーブルなどに無線充電機能を搭載

IKEA(イケア)は、欧米の店舗から順次、Qi(チー)を組み込んだ家具を発売する

イケアとサムスン電子は3月上旬、スペインのバルセロナで開かれたMWC(モバイル・ワールド・コングレス」で、スマートフォンなどのモバイル端末をワイヤレスで充電できる機能を組み込んだ家具を発表した。

新たなサイドテーブル、電気スタンドなどには、「Qi(チー)」規格のワイヤレス充電パッドが内蔵されており、その上に充電したいデバイスをそっと置くだけで、充電が始まる。

既存の家具に組み込むことができるワイヤレス充電キットは30ユーロ、あらかじめ組み込まれた家具は20ユーロの追加コストがかかる。これらの製品は4月15日に欧米の店舗で先行発売され、その後、日本を含む世界で発売となる。

世界初の充電機能付き家具

ロイターの動画の中でサムスン電子英国法人・アンディ・グリフィス社長は次のように説明している。「ワイヤレス充電をビルトインしたものを発売するのはわれわれが世界で初めてだ。すばらしい新しい充電のあり方を体験してもらいたいし、その結果としてスマートフォンのバッテリーとの付き合い方も変わるだろう」

また、サムスン電子もメンバーである、Qiを推進するワイヤレス・パワー・コンソーシアム広報担当のライアン・サンダーソン氏は、Qiの仕組みについて次のように説明している。「これは基本的に、充電をするものです。こちらの送電側にあるコイルから磁界を発生させ、受電側のスマートフォンやモバイル機器のコイルとを共振させることで電力が発生するのです」。

ただしQiをそのまま使用できるスマートフォン、タブレットは限られており、ほとんどのモバイル機器は、受信コイルを埋め込んだ専用アダプターを充電端子につなげてから充電する必要がある。iPhoneも、専用アダプターがなければ使えない。その点は注意が必要だ。

提供:ロイター(ナレーションは英語です、音量にご注意ください)
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。