日本の技術ベンチャーが面白くなってきた

インテル投資責任者が語る有望分野

インテルキャピタルでアジア太平洋地域のマネージングディレクターを務めるスディア・カッパム氏

グローバル企業は、日本をイノベーションの現場としてどう評価しているのか。例えばアップルが横浜・みなとみらいにアジア最大の研究開発拠点を設置するというニュースが昨年報じられた。こうした企業の動きは、評価の1つとなる。

本記事では、世界的なテクノロジー企業として知られるインテルの投資部門「インテルキャピタル」の活動について、最新動向をまとめた。世界最大の半導体メーカーが興味を示している分野とは何だろうか。そして投資対象としての日本の位置づけはどうなっているのだろうか。

インテル本体の戦略と直結する、注目の分野とは?

2014年11月にインテルキャピタルが開催したグローバルサミットで、インテルキャピタルでアジア太平洋地域のマネージングディレクターを務めるスディア・カッパム氏に話を聞いた。同氏はデータのエコシステムに注目して投資を行っていると話す。

「インテルキャピタルは基本的に、インテル本体の戦略と直結しています。そのため、注目している分野は、データセンター、ビッグデータ、ウェアラブルデバイス、セキュリティ、クラウド、そしてインテル自身の中心事業である半導体に対しての投資を行っています」

「その中でも、注目しているのはデータを創り出すデバイス、それを蓄積し安全に守る仕組み、分析する技術です。また、新しいデバイスにも着目していますが、IoT(モノのインターネット)のトレンドから考えると『家の中にあるものすべて』が対象になりつつあります」

次ページコンピューティングの世界はどうなるか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。