日本の技術ベンチャーが面白くなってきた

インテル投資責任者が語る有望分野

インテルキャピタルでアジア太平洋地域のマネージングディレクターを務めるスディア・カッパム氏

グローバル企業は、日本をイノベーションの現場としてどう評価しているのか。例えばアップルが横浜・みなとみらいにアジア最大の研究開発拠点を設置するというニュースが昨年報じられた。こうした企業の動きは、評価の1つとなる。

本記事では、世界的なテクノロジー企業として知られるインテルの投資部門「インテルキャピタル」の活動について、最新動向をまとめた。世界最大の半導体メーカーが興味を示している分野とは何だろうか。そして投資対象としての日本の位置づけはどうなっているのだろうか。

インテル本体の戦略と直結する、注目の分野とは?

2014年11月にインテルキャピタルが開催したグローバルサミットで、インテルキャピタルでアジア太平洋地域のマネージングディレクターを務めるスディア・カッパム氏に話を聞いた。同氏はデータのエコシステムに注目して投資を行っていると話す。

「インテルキャピタルは基本的に、インテル本体の戦略と直結しています。そのため、注目している分野は、データセンター、ビッグデータ、ウェアラブルデバイス、セキュリティ、クラウド、そしてインテル自身の中心事業である半導体に対しての投資を行っています」

「その中でも、注目しているのはデータを創り出すデバイス、それを蓄積し安全に守る仕組み、分析する技術です。また、新しいデバイスにも着目していますが、IoT(モノのインターネット)のトレンドから考えると『家の中にあるものすべて』が対象になりつつあります」

次ページコンピューティングの世界はどうなるか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT